クセになる美味しさ!これが今の東京を代表する極旨ハンバーガー6選だ!

「365日×格之進バーガー」。具材はシンプル、ソースは使わずにパンと肉の旨さを楽しませる

サイズ感は小ぶりでもインパクト大の美味しさ!
『格之進 Rt』

代々木八幡

ハンバーガー業界でブームになりつつあるスライダー(ミニサイズのハンバーガー)をいち早くメニューに取り入れた『格之進 Rt』。バンズは、代々木八幡でパン好きから圧倒的な支持を集める『365日』にオーダー。

“地元タッグ”によって生まれたハンバーガーは焼肉の締めに丁度よいサイズ感が好評だ。国産牛と岩手の白金豚の旨みが凝縮した『格之進』自慢のハンバーグとジューシィなメンチカツの2種を用意。

2017年2月にオープンした、ハンバーガーメインの『格之進Nikutell』にも注目だ。

①ハンバーグにはブリオッシュ、メンチカツには、ハーブとココナッツが香るバンズを合わせる。ともに『365日』のもの

②『格之進』の人気メニュー、金格ハンバーグ

③メンチカツもあえてソースを使わずに濃厚な肉の風味のみで勝負!

スタイリッシュな店内はデートにもぴったり

「チーズチーズチーズ」¥1,208。コクのあるチェダーとモッツァレラチーズ、肉肉しいパティの最強コンビ!

貫禄あふれる見た目に違わぬ“肉食バーガー”!
『Hungry Heaven』

目黒

夜は焼肉、昼のみハンバーガー専門店として営業する“二毛作型”のスタイルで肉好きの心(と、お腹)を満たしてきた『ハングリーヘブン』。ハンバーガーの種類は80種とメニューの豊富さもさることながら、肉の存在感が際立つその味わいもインパクトたっぷり。

オーストラリアかUS産のビーフに、角切りにした和牛の脂を加えたパティは、肉肉しくもしっとりした甘みが。看板バーガーの「チーズチーズチーズ」は、溢れる肉汁とチーズのコンビネーションがヤミツキに。がぶりと頬張れば恍惚感に包まれる。

①バンズにカラメルを塗り、トースターで焼き上げる。バンズは東武練馬の『スズキベーカリー』に特注

②トッピングのオニオンとパティを鉄板で焼く

③スライスチーズ4枚分のチーズを使用。ジューシィなパティとのマッチングに悶絶!

店内は今後改装予定

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo