生うにが鉄板焼き飯にてんこもり!恵比寿のデート向き鉄板グルメ!

「こんなうにの食べ方、初めて!」と感動できること間違いなしだ。

鉄板で香ばしく焼き上げたごはんの上には、こんもりとのる生うに。これがデートにも最高な鉄板焼きの名店『bamboo grassy』の名物「生雲丹と焼き飯」だ。

訪れる人ほぼ全てがオーダーするという「生雲丹と焼き飯」の魅力に迫る!

「生雲丹と焼き飯」(1,250円)※ワンオーダー2貫~

感動の旨さ!うにと香ばしい焼き飯、韓国海苔の競演

「生雲丹と焼き飯」は、既に多くのメディアでも紹介されており、これを目当てに訪れる人がほとんどだという。その美味しさは、熟練の技から生み出されていた。

まず焼き飯の絶妙な焼き加減に注目。そとはカリッと香ばしく、中はモチッと焼き上げられたご飯は、丸く、薄くうにのトロッとした食感にマッチする。ご飯を成形しながら醤油で味付けもしつつ、この食感をつくり出す様子は、もはや芸術といえるだろう!

ライブ感を堪能したいなら、やはりカウンター席をリザーブしたい。

常連客の中には、1人3個食べる人もいるほど、人を虜にする味の「生雲丹と焼き飯」。焼き上がったご飯を海苔の上にのせ、こんもりと盛られるうにには、醤油を少し垂らし、山椒の葉をのせて完成だ。

海苔は韓国海苔を使用しており、通常の海苔よりも歯切れが良く、ほどよい塩気もあるのでうにと、香ばしい焼き飯の味を引き立ててくれる。

「和洋韓」をイメージして作られた「生雲丹と焼き飯」。創業当時からの人気料理とあって、一度食べたらヤミツキになる逸品に間違いないだろう。

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo