結婚ゴールの真実 Vol.13

結婚ゴールの真実:「商社マンじゃ勝てない...」夫のスペックで戦うマウンティング妻

「結婚=ゴール」なんて考えは、古すぎる。

東京婚活市場は、婚活に勤しむ女で溢れかえっているが、当然ながら、結婚はゴールではない。そんなものは、幻想だ。

アンチ結婚主義者、吾郎、独身、34歳。長身イケメン、東大卒、超エリートの企業法務弁護士。

吾郎いわく、結婚をM&Aに例えるならば、M&A実施の調印式=結婚式であり、PMI(買収実施後経営統合)=結婚後の生活となる。東京婚活市場において、PMI軽視の風潮は非常に強い。

滑稽な既婚者たちの結婚生活を、彼独自の目線で、じっくりと観察していこう。


「いただきまぁす♡」

瑠璃子は満面の笑みで、『鮨 たかはし』の白魚のツマミを口に運んだ。

「美味しぃ~!!」

みっともないと頭では分かっていても、吾郎は彼女のはしゃぐ姿を見ると、つい口元が緩んでしまう。くるりとカールした色素の薄い髪の毛が揺れ、瑠璃子は頬を上気させて食事を楽しんでいる。

この前に待ち合わせた銀座三越でも、上手い具合にヴァレンティノの靴を買わされてしまった。

ゴツいトゲトゲの装飾が付いたハイヒールなんぞ、どんな女が好むのかと疑問に思っていたが、瑠璃子の細く華奢な脚には確かにそれは良く似合っていたのだ。

―高い靴を買わされて高級鮨を奢るなんて、完全にオッサンの所業じゃないか......。

吾郎は少々の自己嫌悪に陥りながらも、しかし、目を輝かせて次の料理を待つ瑠璃子の様子が可愛くて可愛くて仕方がない。

何を隠そう、彼女は吾郎の唯一の弱点とも言える、6つ年の離れた妹だった。

【結婚ゴールの真実】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo