由香の秘密 Vol.5

夫が姑を「ママ」と呼んだとき、彼を男として見れなくなったデスパレートな妻。

私の人生は、ドラマなしには語れない。

常にドラマチックな人生を送り、周囲をゴシップで沸かせてきた由香

32歳バツイチにも関わらず、童顔の可愛い顔と自由奔放な振る舞いで、「モテ女」や「悪女」の異名を欲しいままにしている。

港区の男たちを手玉に取るのも、朝飯前。

「SATCみたいに、都会のお洒落や仕事を楽しみたい。素敵なメンズと、劇的に恋に落ちたい」

そんな戯言を口にする由香の秘密は、常にドラマの中にある。


「デスパレートな妻たち」を観ると、嫌でも結婚していた頃を思い出す。

コメディ、サスペンス、ミステリー、ヒューマンドラマの要素をすべてごちゃ混ぜにしたこのドラマは、多少大袈裟でも、リアルな「結婚生活」そのものだと思う。

浮気、財政危機、過去の秘密、辛い子育て...。挙句の果てには、ハリケーンという自然災害に襲われたり、最愛の夫を殺されてしまったりもする。

「結婚生活って色々大変そうだけど、でも、何だかんだ愛があっていいな」

それでも昔、独身だった頃にこのドラマを観ていたときは、そんな風に思っていた。だが、少なくとも今は、正直しばらく結婚は考えたくはない。

「デスパレートな妻たち」と同様、幸せな夫婦生活は永遠に続いて行くわけではない。

だから私は、どんなに三上さんに情熱的に愛を囁かれても、もう安易に同棲したり、再婚したりはしない。

【由香の秘密】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo