東京グラマラススカイ Vol.1

東京グラマラススカイ:“無難な人生”が結局一番?体裁を気にして野心を見失った31歳

ー社会からの目を気にして、自分の欲望を隠して生きる大人たちへー

子供の頃、思い描いていた夢は何だったのだろうか。

大人の階段を登るたびに見失う夢のカケラ。
代わりに手にいれるのは、周囲の視線を気にして何となく合わせる術。

最近の若者は欲がない、ってそんなことある訳ない!
今こそ、 もっと楽しく華やかに、人生を謳歌しようじゃないか。


一見、何不自由なく暮らしている。でも常に探している、“何か”。


「なぁ圭介、最近なにか楽しい事ないの?」


どんよりと曇った六本木の空を見つめながら、独り言のように呟いた。

「楽しい事ねぇ...最近何かあったっけ?ってかさ、翔太っていつもその言葉を俺に問いかけるよね。」

ミッドタウンのスターバックスはいつも混んでいる。大学のゼミ時代からの付き合いの圭介とは、かれこれもう10年来の友達だ。昔から、暇な週末は二人でこのスタバに集い、人の流れをただ見つめている。

「昔はさ、凄い経営者になって、パーっと遊んで、派手に暮らして、幸せになるって言ってたけど...何か最近、その気力さえないなぁ。」

「翔太は自分で会社やってるからいいじゃん。俺の方は相変わらず会社の駒のように働いているだけだし。いいよなぁ、翔太は。」

圭介は元々外資系の広告会社にいたが、現在は日系の大手広告会社で働いている。一方の自分は、コンサル系の会社を立ち上げて早5年。六本木一丁目にある、所謂“タワマン”ってやつに住み、ベンツのSLクラスに乗り、食うには困らない稼ぎもある。


一見、何不自由なく幸せに暮らしている。でも、いつも常に何かを探している。
答えのない、ぼんやりとした“何か”を。

【東京グラマラススカイ】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo