東京プレイリスト Vol.1

東京プレイリスト:絶対にヨリは戻さない!東京在住テイラー系女子の恋の結末

音楽はいつだって、私たちの人生を彩る舞台装置だ。

思い出がフラッシュバックする、懐かしのメロディ。
まるで自分のことを歌っているような、心に突き刺さる歌詞。

誰にだってそんな経験、きっとあるはず。

例えば、普段聞き慣れた音楽たちを元に、東京の恋愛模様のワンシーンを切り取ってみたら...

これはいわば、「読む」音楽。

物語の主人公は、東カレ的なライフスタイルを送る、他ならぬあなた自身かもしれません。


I used to think that we were forever ever…
-永遠だと思っていた、二人の関係-


彼が出て行って、もうじき1ヶ月が経とうとしていた。

思い返せば去年の冬。
私の家の更新のタイミングに、更新料を支払うくらいならと、彼から同棲を持ちかけられた。

そのまま、中目黒の彼の家に転がりこむ形で同棲生活はスタートしたが、結果は大失敗。

あの時更新料さえ払っておけば。


彼との出会いは2年前。
人生で一番「夜の」クラブ活動にいそしんだ夏に、DJとしてプレイしていたのが彼だった。

駆け出しの音楽プロデューサーだった当時の彼は、行きつけだった西麻布のクラブではちょっとした有名人。フロアで初めて話しかけられた時は、からかわれているとしか思えなかった。

「先週も来てたよね、きみの事見てたよ」

「遊び人だと思ってる?」


「・・・俺のこと、好きでしょ」

二人が付き合い始めるまでに、そう時間はかからなかった。


I say I hate you, we break up, you call me “I love you”
-繰り返すけんか、仲直りはいつもあなたのI love youだったね-


当時の彼は、DJとバーテンダーのバイトを掛け持ちしながら、音楽で食べていくという夢に向かってまっすぐだった。

大学を中退して渡米し、独学で音楽を勉強する傍ら人脈を広げていった彼。

同じ年なのに、夢追う彼の姿がまぶしく見えた。

かたや、平凡を地でいく私。
それなりに仕事をして、週末の「クラブ」活動だけが唯一の楽しみだった。

そんな私が彼に選ばれるなんて。
彼の存在そのものが、私を特別に変えてくれた気持ちだった。


3B、という言葉がある。
付き合ってはいけない男性の職業。バーテンダー、美容師、バンドマン。

例のごとく、彼の女癖の悪さも同棲後すぐに発覚した。

あんなに上手くいっていたのに、恋愛が日常になった途端、私たちはけんかと別れ話を繰り返した。

「大嫌い」

「好きだよ」

「別れたい」

「愛してる」

いつだって、彼の「愛してる」が私たちのけんかの終着地点だった。


それなのに...

【東京プレイリスト】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ