マリッジブルー、29歳 Vol.3

初恋が忘れられなくて!(涙)ミスコンファイナリストが陥ったマリッジブルーの悲劇

結婚。

それは多くの20代、30代の人々にとって関心の高い出来事の一つだ。

しかし結婚したいと心から望んでも、いざそれが実現しそうになると、直前で怯む人は多い。

「本当にこの人でいいの?」と考えたり、相手の家族とうまくいかなかったり、結婚式の準備で揉めるカップルも多い。

そう、それが世に言う“マリッジブルー”。

マリッジブルーにハマってそのまま抜け出せない人、無事結婚まで辿りついた人さまざまだが、29歳という節目でマリッジブルーに陥った人たちに焦点を当てる。

これまで登場したのは、結婚願望のない男を振り切って結婚した聡子、男のマリッジブルーにハマった外銀勤務のヒロシ32歳。今回登場するのは、アパレル会社PR、朋子30歳。


朋子、30歳。初恋が実ったゆえの苦悩とは?


「僕は朋子と結婚して幸せな家庭を築きたい」

24歳のときの私は、馬鹿で高飛車な女だった。当時付き合っていた彼のこんな発言も、「なんて野心のない男だろう」としか思わなかった。

後悔しても、もう遅い。

大学を卒業して、アパレル会社でPRとして働き出して早8年。30歳になる。結婚はしていない。一つ年上の商社マンと昨年婚約破棄して、もうすぐ1年が経とうとする。

未だ、初恋で10年付き合った彼のことを忘れられずにいる。

【マリッジブルー、29歳】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ