マリッジブルー、29歳 Vol.2

「30歳までにロブションでプロポーズされるのが夢」な彼女にマリッジブルーになった男

結婚。

それは多くの20代、30代の人々にとって関心の高い出来事の一つだ。

しかし結婚したいと心から望んでも、いざそれが実現しそうになると、直前で怯む人は多い。

「本当にこの人でいいの?」と考えたり、相手の家族とうまくいかなかったり、結婚式の準備で揉めるカップルも多い。

そう、それが世に言う“マリッジブルー”。

マリッジブルーにハマってそのまま抜け出せない人、無事結婚まで辿りついた人さまざまだが、29歳という節目でマリッジブルーに陥った人たちに焦点を当てる。

前回登場したのは、結婚願望のない男を振り切って結婚した聡子。今回は、「男のマリッジブルー」を語る、外銀勤務のヒロシ32歳だ。


外銀勤務のヒロシ「女の結婚に対する執着が理解できない」


女性の結婚に対する執着心の強さは、到底理解出来ない。

僕は29歳のとき、プロポーズ直前でマリッジブルーに陥った。

マリッジブルー。

それは、大抵女性が陥る現象のように言われるが、男だって経験する。声を大にしてそう言いたい。

3年付き合った彼女は、外資系化粧品会社のマーケティング担当。賢い上に美人で、文句のつけどころのない女性だった。

しかし、彼女の結婚に対する考え方は、目を血走らせて婚活する愚鈍な女性たちと、何ら変わりないように思えた。

彼女の結婚への執着心を前に、僕の心はみるみるしぼんでいった。その結果、プロポーズし損ねた29歳のときのことを、今日は話したいと思う。

【マリッジブルー、29歳】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ