美しい!そして最高に旨い!恵比寿の名店『とりなご』の鴨すきがすごい!

芸能人のファンも多い恵比寿の鳥料理専門店『とりなご』。名物の鴨肉はもちろん、鴨団子、ダシ、ネギ、すべてにこだわった「鴨すき」だ。

京都福知山生まれのシンプルな鍋だが、そのおいしさは見た目以上をお約束!専務取締役の足立憲吾氏に「鴨すき」の楽しみ方の極意を伺った。

「鴨すき」(1人前3,500円)※注文は2人前より

鴨団子を入れるとふんわりと鶏とダシが合わさった香りが漂う

京都福知山生まれのニクイ鍋!まずはダシから味わうべし

「鴨すき」をオーダーするとダシが入った鍋と大量のネギ、そして華のように美しく並べられた鴨肉がテーブルへと運ばれてくる。

まず、ダシが沸騰してきたら鴨肉の中心にある「鴨団子」ひと口サイズにして全て入れよう。鶏肉と鴨肉、ショウガ、ニンニク、ゴマ、ネギなどが入った鴨団子の旨みが、ダシ全体に広がっていく。

ひと口飲んだ瞬間に「来て良かった!」と思うはず!

少し煮立てたらダシだけで味わってみて欲しい。昆布とカツオ、醤油のあっさり和風ダシに、鴨団子旨みが合わさって口の中が一気に「鴨すき」モードに変換される。

まずはそのまま何も付けずに!柔らかなネギと鴨肉の相性は抜群

それではお待ちかねの鴨肉投入!

ダシの美味しさを楽しんだら、いよいよ鴨肉の出番だ。鴨肉は煮過ぎると固くなるため、食べる分だけを少しずつ鍋に入れていこう。

鴨肉を入れたら、ネギもどっさりと鍋へ!「食べ頃は鴨肉が15秒、ネギは5秒です。なので、どちらも食べる直前に入れてください」と足立氏。

また、『とりなご』には、つけダレがないのも特徴。ネギと鴨肉をおいしいダシの旨みだけで味わうのだ。使用している鴨肉は、脂の旨みが高い上質なものを厳選して仕入れている。そのため鴨特有のニオイなども一切なく、とにかくおいしい。

イチ押し薬味はカボス。味の変化も楽しもう ※カボスは期間限定提供

鴨とネギだけの味を味わった後に、薬味が登場。ゆずこしょう、七味、カボスの3種を用意してくれる。

「私のおすすめはカボスですね。ダシと鴨肉の味ととても良く合うんですよ」と足立氏おすすめの薬味も教えていただいた。

鍋の〆はそば、うどん、ラーメン、雑炊から選べる

「鴨すき」誕生に至る京都小話

実は牛レバーよりも鉄分を多く含み、コラーゲンも豊富、なおかつ脂は残りにくいというオイシイところ尽くしの「鴨すき」。そんな鍋が誕生したのは、20年程前、京都の『とりなご』本店でのこと。元は鶏肉の卸し業者だった『とりなご』は創業40年の老舗だ。

「鴨肉とネギだけのシンプルな鍋が食べたいというお客様の声が多く、15年ほど前に現在のスタイルに変更したところ、この美味しさが話題となってその他の鍋も扱っていたのですが、鴨すきしかでなくなったため、京都本店、東京店ともに鴨すきに絞ったメニュー構成にしました。」と足立氏。

この潔さが、鴨すきの人気に拍車をかけたに違いない。

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ