男たちは、三度選ぶ Vol.2

男たちは、三度選ぶ:「このお店、初めて!」は疑え。経験豊富な港区女子には変化球な店を

世間一般的には、三度のデートが男女が深い仲になるための試金石とされている。

三度のデートとは、すなわち2人で三度レストランに行くこと。

一度目はお互いを知るために、二度目はもう一歩踏み込んだ関係になるために。そして三度目のデートで恋人になるか否か。

その判断材料として非常に大きな役割を担うのが、店選びのセンス。そう、男たちは意中の相手を落とすには、三度、店を選ばなければならない。

男たちのレストラン選びに隠されたロジックと、そのデートを通した感じた女性の感想とは?前回は、振れ幅の大きいレストランで成功した圭介を紹介した。

今週は?


<今週の“三度選ぶ”男>

名前:翔太
年齢:31歳
職業:外資系飲料メーカー
翔太談:「典型的な港区女子・麻里奈。様々な有名レストランに行き尽くしている麻里奈に対しては“意外性”を狙いました」

<今週のデート相手>

名前:麻里奈
年齢:29歳
職業:美容家
住所:麻布十番


初回:「月に7日間しか開店しない希少さ」で気を引く


最初は西麻布の住宅街に突如現れるフレンチレストラン『ラ・テール』


「港区女子が求める見栄えの良さ・特別感など全てが揃っている店。経験値が高い麻里奈のハードルは高いですが、その分彼女が求めるニーズをよく熟知しておくことが大事かなと。」

そう語る翔太だが、このお店は更に女心をくすぐる要素がある。

「鉄板の方は1ヶ月間でわずか7日間前後のみの営業。そのスペシャルな感じと、この華やかさ。ステータスも高く、港区女子で嫌いな人はいないと思います。」

麻里奈「入れた時から始まるドキドキ感が最高」


「私のツボをよく抑えてるな、と感心しました。女性って、何故か“限定”という言葉に弱いんですよね...基本的に、一回食事に行ってダメだと思ったら次はありませんが。」

そう話す麻里奈だが、翔太のセンスは合格とみなされ、二回目のデートに繋がった。

【男たちは、三度選ぶ】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ