女子会激戦区の恵比寿に「間違いのない新店」が誕生!

女子会の幹事を任されたら、店選びはデートの時よりも迷ってしまうもの。「美味しい」は外せない。「コスパがいい」も重要だ。そして、「この店、行ってみたかったの!」と話題になる店を選ぶのも感度の高い女子会には必要な要素。

女子会激戦区の恵比寿に、あの六本木の人気イタリアンの支店が9月にオープンし、「間違いのない新店」としてすでに人気を博している。押さえておきたいこの店をいち早くご紹介しよう!

細かなディスプレイにまで拘ったフォトジェニックで印象的な空間

ここ数年で人気店が続々とオープンしている、線路沿いの恵比寿南エリアの一角。ここに9月11日にオープしたのが『KNOCK CUCINA BUONA ITALIANA(ノック クッチーナ ボナ イタリアーナ)』。

通りに面したウッディなテラスは14席を揃え、店の前を通る人々を惹き付ける。さらに店内は、恵比寿らしいナチュラルでモダンな内装で、どこを見てもフォトジェニック。誰もが写真を撮らずには居られない空間だ。

1号店は六本木グランドハイアット東京近く、2号店を東京ミッドタウンにオープンし、今回の3号店は満を持して恵比寿に登場だ。

店内中央には大きなテーブルを用意。カウンターのように2人で使ってもよし、10数名で貸切っても。

コンセプトは、「もしピエモンテ州に自分たちのお店があったら、どんな食堂を作ろうか?」。本場の食材を活かし、それを日本好みに合わせてアプローチする。

なんとココ、毎日欠かさずパスタの新作をメニューインするという、”パスタ1000本ノック”を打ち出す。ほかの前菜メニューも充実し、女子好みの「オシャレだけど本当に美味しい」イタリアンなのだ。

こんがり焼いたレーズンパンにたっぷりチーズを乗せて「マスカルポーネとこんがりレーズンパネ・パンナ」

バローロやバルバレスコなど、ここでしか飲めない貴重なワインをリーズナブルに取り揃え、カジュアルに使えるところも人気のポイント。

ワインに合わせ、まずは豊富に揃う逸品料理から味わいたい。スターターで頼みたいのは、「マスカルポーネとこんがりレーズンパネ・パンナ」。

炭火で焦がしたレーズンパンにゴルゴンゾーラとマスカルポーネ2種のチーズをミックスしたクリームを乗せて口に運べば、ついついワインが止まらなくなる前菜の完成だ。

鶏の生ハム、生ハムキムチ、牛肉ジャーキーなど約9種類が盛り込まれた「イタリアン・シャルキュトリ」

女子好みの前菜で、まずは「この店いいかも!」と好印象!

次は自家製のシャルキュトリ盛り合わせを。

サラミや生ハムのほかに牛肉ジャーキーや生ハムキムチなど、定番から珍しいものまで揃い、ツウも満足すること間違いナシ。

ワインのおかわりの速度が早くなってしまう!

鮮やかで見た目も美しい菜食主義のサラダ「トッティ・ベジタリアーナ」

女子会にはボリュームサラダも欠かせない。この店のサラダははしやすめではなく、ナッツや野菜がたっぷり入ったごちそうサラダなので、ワインに合わせるにはたまらないラインナップ。

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ