代々木上原の女 Vol.8

代々木上原の女:彼氏の浮気相手は自分の親友?したたかでズルい女になろうと決意した夜

埼玉県出身のユリ、28歳。大手損害保険会社でエリア総合職として勤務。

港区から抜け出し、代々木上原という地で、迷い、葛藤しながら自分らしさを取り戻す。

元彼・聡からの連絡でヨリを戻し、久しぶりに港区に足を踏み入れるユリ。代々木上原会で知り合った二階堂に、代々木公園デートに誘われ、その魅力にハマる。

何度か会っていく中で二階堂に惹かれていくが、聡の存在を明かし気持ちをセーブしようとする。しかし聡とのデート当日、電話越しに女の声がして…?


土曜日22時。六本木のTTRで男と女の修羅場が始まる?


「え?聡、玲子と一緒なの?」

土曜日の22時のTSUTAYA TOKYO ROPPONGIのスタバ。夜はまだここからとでも言うように、店内は人と熱気で溢れ返っている。

ユリは周囲の騒音に負けないように、そして最悪の事態を想定して泣かないように、必死に声を振り絞る。

カラオケ店にいたのか、聡の電話越しに聞こえてくる声は大分騒がしい。

「ごめん。今『マンシーズ』にいる。30分で行くから。」

聡はまずいと思ったのか、慌てた様子で電話を切った。

聡と玲子は一緒にいたのだろうか。確かに、ユリ含めて皆同じサークルなので、一緒にいても何ら不思議はない。それでも、サークルの仲間で遊んでいるのだったら、正直にそう言ってくれればいいのに。

「ユリ、ごめん。」

息を切らしながら聡はやって来た。聡の説明はこうだった。今日は、早朝から会社の先輩とゴルフに行き、夜軽く食事をして終わる予定だった。しかし、食事をした後、妻が妊娠中で羽を伸ばしたいらしい先輩が、「女の子と飲みたい」と言い出し、困った聡は玲子に何人か連れてくるように頼んだ。場所は『マンシーズ』。

「ユリに頼もうかなとも思ったけど、お前こういうの苦手だろ。六本木で馬鹿騒ぎするようなのは。」

確かに代々木上原に住んでから、そういう馬鹿騒ぎからは卒業した。正直、未だそういう遊び方をしている玲子とは最近少し距離があった。

―このまま聡と付き合い続けていいのだろうか。

その思いは一層ユリを不安にさせる。

「…玲子とは何にもないの?」

「ある訳ないだろう。」

疑ったこちらが悪いと言わんばかりの勢いで、聡は答えた。

【代々木上原の女】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ