小宮山雄飛の“英世”なる食卓 Vol.28

1,000円でこのボリューム&クオリティ!コスパ最強な海鮮ランチはこれだ!

curated by
小宮山 雄飛

グルメと名高い、ホフディランのボーカル・小宮山さんが今月おすすめするのは、裏に一本入った小路に佇む、お得な海鮮ランチの店! コスパも満足度も高い、名店の魅力を存分にご紹介します。

鮪かま炭火焼き定食¥1,000

『Jige 築地本店』の「鮪かま炭火焼き定食」(平日ランチ限定)

すごいインパクトのある定食がある!という、小宮山さん行きつけの創業20年の名店を求め路地裏へ。

「こちらは築地にあるということもあり、外国人の友人を連れて行くと絶対にウケる店です! 味はもちろん最高ですが、見た目のインパクトが凄くて衝撃を覚えますよね。ちょっとエンターテインメント的な要素もあり、鮪が食べられるお店は珍しいのでは?」

鮪のかまは備長炭で丁寧に焼き、余分な脂を落とす。香ばしい炭火ならではの味わい

ランチは常時4種類あり、名物でもある鮪かま炭火焼きをメインにした定食は人気メニューのひとつ。

「ランチは小サイズの鮪かま焼きとお刺身や焼鳥が付いたセットもあるのですが、初回にまず食べて欲しいのが、BIGサイズの鮪かま炭火焼きセット。とにかく凄い量と大きさで、インパクトに圧倒されます。思わずニヤッとしてしまう見た目のサプライズ感がいいんですよね」

「味も焼き加減も最高ですが、食べても食べてもなくならない贅沢な鮪…。食べきれない量に手こずると思いますが、その洗礼を初回は楽しんでいただきたい!」

夜の看板メニュー、鮪 中落ち(1名分¥1,500~時価。要予約)こちらは大間の鮪3名分!ハマグリの貝殻で身を削ぐのは、市場で継承される手法なのだとか。「貝殻で削いで食べるのが楽しい、鮪の中落ち(ディナー限定)も絶品です。食はエンターテインメントなんだと感じられるお店です」

一見の価値がある、ボリューム満点の鮪に挑戦してみては?

日本酒に合う、雲丹と帆立のグラタン(¥1,350)

地下にはお座敷があり寛げる

【小宮山雄飛の“英世”なる食卓】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ