代理店女子マリア Vol.8

代理店女子マリア:一般職を見下し、自分のプライドを保つ。キャリア女子の腹の底

広告代理店にはびこる、「チャラい」「遊び人」のイメージ。

広告代理店勤務の正社員女子たちにとって、代理店への先入観はレッテル以外のなにものでもない。

港区の大手広告代理店で、営業として働くマリア、29歳、彼氏なし。

9月を恋愛強化月間と名付けたマリアだが、アベレージ・阿部との恋は発展せず、仮氏のケイへの片思いも破れるという悲惨な結果に。失意の中で「失恋休暇」という名の遅めの夏休みを取り、30を目前に、恋愛だけでなくキャリアの面でも悩みを抱き始めていた。


失恋休暇という名の、遅めの夏休み


久しぶりの平日休み、マリアは昼下がりの代官山を散歩していた。

知らないうちに出来た新しいカフェの数々。前から来たいと思っていたのに、いつの間にかなくなっているお店。東京の街の移り変わりは、まるで過ぎ去る季節のように一瞬で、意識しないとすぐに通りすぎてしまう。

ふいに通りか......


【代理店女子マリア】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo