エスケープ・ハワイ Vol.5

エスケープ・ハワイ:遊び尽くした東京女子はなぜヨガ資格を取りたがるのか?

人は、疲れると青い空と海が恋しくなる。

毎日が辛辣な戦いの東京生活に困憊すると 、海や山に癒され、そして自分のことを誰も知らない場所に身を置きたくなる時がある。

そんな逃げ場として最も人気なのが、常夏の楽園・ハワイ。

ここ数年で東京からハワイへ逃げ出す30歳前後の女性が急増している。それは自分を今一度見つめ直す時間なのか、ただ単に逃げているだけなのか。

人生に迷い、東京に疲れたアラサー女子はハワイで何を感じ、どう変わっていくのかを追いかけていく。これまでに東京で生きる活力を取り戻した優美、イルカが御曹司との出会いを繋げた美玲、ハワイで出会った投資家のお陰で自分を売り出せた加奈子、ハワイで遊ばれて終わってしまった理央を紹介してきた。

今週は?


<今週のエスケープ・ハワイ女子>

名前:菜々子
年齢:31歳
職業:ヨガ講師
出身:栃木県
ハワイ滞在期間:約3ヶ月
ハワイでお気に入りの場所:ラニカイビーチ

何故か皆行き着くヨガ講師


ここ数年、モデルや華やかな女性から人気な資格。それがヨガ講師である。何故皆ヨガ講師に行き着くのだろうか?

1年ほど前にヨガ講師の資格をハワイで取得した菜々子。浅黒い肌にしなやかな身体つき、そして若干強い目つき。ナチュラルながらもどこか芯の強さを伺える菜々子は、東京でほどほどに遊び尽くしたと言う。

女子大生時代から経営者と派手に遊び、芸能人の友達も多かった。今で言う「プロ女子大生」の走りだったかもしれない。

夜な夜な西麻布に集い、タクシー代を貰うのは当たり前。携帯電話にはプロ野球選手やサッカー選手、芸人さん達の番号が入っていることが自慢だった。しかし残酷にも時は流れ、気がつけば年だけ取っていた。

一瞬夜の世界にも入り、結局まともに一人で生きていける術もないことに30歳になった時に初めて気がついた。人に頼ってばかりで何も自分で成し遂げてこなかった過去の自分を責めても、時既に遅し。

30歳になった途端に華々しい東京生活は一気に暗雲が立ち込めてくる。周りはみんな結婚し、自立している女性以外はただの“痛い女”としか見られなくなる。可愛さと若さだけで売れる時代は気がつけば終わってしまった。

そんな時、菜々子はやたらと皆が取っていた「ヨガ講師」と言う資格に目をつけた。

「ヨガ講師になれば、今後生きて行く術になるかもしれない。」

自立している女性になれる(実際ヨガ講師の給料はそこまで高くないが)道筋となる希望の資格。31歳の誕生日と共に、菜々子はハワイへのヨガ留学を決めた。

【エスケープ・ハワイ】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ