フリーアナウンサーの闇 Vol.5

フリーアナウンサーの闇:自分より目立つ美女は皆降板させる、傲慢局アナへの密かな復讐劇

女子アナ。

この響きに、人は夢と憧れを抱く。

美人で知的な高嶺の花というイメージが強く、女性はテレビに映る華やかな仕事に憧れ、そして男性はその一歩奥ゆかしい女性像に憧れる。

永遠に汚れのない純白な存在。そんな妄想像が世の中に浸透しているが、実際のアナウンサーは少し違う。華やかな世界の裏で、笑顔で足を踏みあい、蹴落とし合いながら上を目指す。

そして近年では所謂フリーと言われる、局に属さずに活動するフリーアナウンサーが増加し、一昔前のアナウンサーの人気絶頂時代は終わりを迎え、戦国時代に突入した。

これまでに親友にレギュラー番組を奪われた地方局出身の理香、女子大生という冠が外れると共に仕事を失ったお天気お姉さんの美奈、そして元局アナで後輩のスキャンダルを狙う涼子、アナウンサーという夢を追い続けるCA加代子を追った。

今週は?


<今週のフリーアナウンサー>

名前:智子
年齢: 36歳
前のステータス:
出身大学:早稲田大学
年収:約480万円
趣味:海外ドラマ『リベンジ』の鑑賞

駒のような存在になれ


「智ちゃん、お疲れ様。今日も面白かったです〜。」
「ありがとうございます、サキさんの素晴らしい回しのお陰です。」

智子はフリーで活動するアナウンサーだ。アナウンサーというより、レポーターと言う表現の方が適切かもしれない。元々新聞社の社会部で働いていたが、アナウンサーになりたくてテレビ局が運営するアナウンサー学校の社会人クラスに入校。そこで話術を買われ、レポーターに転身した。

現在のレギュラー番組は2本。1本は深夜のショッピングチャンネルで、もう1本が朝番組のレポーターである。この朝番組は知名度が高く、ここでレポーターをできるという経験は智子にとって素晴らしい経験となる。

その朝番組のメインMCが、局アナのサキだ。彼女の横柄っぷりは有名で、彼女に気に入られるかどうかが勝負になる。少しでも彼女より目立ったり、可愛いと視聴者からの評判がいいと何故か“自然に”番組から降ろされる。

7個も年下のサキに智子は毎朝最大限に気を遣い、媚びを売る。自分の知名度アップのため、生活費を稼ぐために、そしてとある恐ろしい目的のために。

【フリーアナウンサーの闇】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ