ランチデートから二軒目のバーまで!誘われたら嬉しい大人のデート店8選

扉を開けると重厚なバーカウンターが広がる。窓際にはテーブル席も

女性バーテンダーで彼女の警戒心を解く『バー ノアール』

恵比寿/バー

恵比寿の喧噪から少し離れた場所にある隠れ家のようなバー。この道22年のバーテンダー・斎藤猛さんが暖かく迎えてくれる癒しの空間は、デートや接待はもちろん、女性一人でも安心して楽しめる。

カクテルは種類豊富に揃い、季節の果物を用いたフルーツカクテルも足を運ぶ楽しみの一つだ。穏やかな雰囲気に包まれ、しっとりと酒に酔いしれる寛ぎの時間はまさに贅沢の極みである。

左.フレッシュパインが爽やかに香る「Honey colada」(左)と宮古島のマンゴーを贅沢に楽しむ「Mangotini」(右)
右.ホテルに負けないサービスが光る

お洒落で小粋な雰囲気の中に温もりが漂う空間。モン・サン・ミッシェルの写真を眺めながら味わうのも素敵

世界遺産のレストランに女子も思わず食いつく『ラ・メール・プラール』

丸の内/フレンチ

フランス西海岸サンマロ湾上に浮かぶ小島に築かれた世界遺産「モン・サン・ミッシェル」。その地で歴史と伝統を受け継いだ『ラ・メール・プラール』初の海外店で2011年にオープン。地下鉄有楽町駅とJR京葉線東京駅から駅直結、アクセス抜群だ。

本店の創業は1888年。マダム・プラールがモン・サン・ミッシェルを訪れる巡礼者のためにホテルを開業し、栄養価の高いオムレツでもてなしたのが始まりという。ふわふわのスフレオムレツはたちまち評判となり、世界中に知られるようになった。

東京店限定の「キノコのクリームリゾットとフォアグラのオムレツ」。約25cmと巨大だが、メレンゲのように軽くて食べやすい

東京店も本店の温かい雰囲気が受け継がれた空間。本場仕込みのふっくらしたオムレツは、目でも楽しめて優しい味わい。

本店があるノルマンディー地方の煮込み料理やムール貝の料理なども評判。特産シードルと共に味わいたい。

「ムール マリニエール(ムール貝の白ワイン煮)」

オープンキッチンなので、調理シーンも楽しめる。卵を泡立てる音なども素敵な演出に

地下鉄有楽町駅、JR東京駅から地下コンコースで連絡、雨の日も安心。重厚な扉が訪れる人を迎えてくれる

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo