まさに別格!貴方だけにこっそり教えるあの超一流店の隠れ丼&麺6選!

『銀座 小十』のうな丼は夏の風物詩!?

銀座/日本料理

多くの食通を虜にする小十の料理の魅力は日本の旬を鮮やかに表現することにある。夏の味覚の代表は天然の大鰻で、店主の奥田透さんは「鰻は大きくなるほど味が乗って美味しい」と1kgを超える大物しか扱わない。

蒸さずに炭火でじんわり火を入れ、皮目はカリッと身はふっくらに焼き上げてる。味わいは脂を十分に滲ませるがけしてくどくなくむしろ清らか。天然のため時には入荷がないこともあるが、10月頃までは楽しめるという。

「車海老と夏野菜のおひたし」。それぞれの食材をお浸しにしてすだちを絞る。¥25,000(税・サ別)~の夏コースより

“天然大鰻だけが持つ風味をぜひどうぞ”

凛としたカウンターで職人の手さばきを見つつ、楽しもう

「穴子丼」。東京湾の穴子を山椒と共にふっくらと炊く

静謐な空間で供される和みのどんぶり『栩翁S』

広尾/日本料理

キリッとした空気感の中で研ぎ澄まされた料理を供する印象が強いこちらの店で、常連客がコースの〆にこっそり!?楽しんでいるのが、意外や、ほっと一息つけるような親しみのあるどんぶりだ。

穴子丼は、江戸前の様相で登場するかと思いきや、意表をつくのが納豆と卵黄がのっている点。店主・重島友和氏いわく、「毎日ご馳走ばかりを召し上がっているお客様が多いのでほっとしていただきたくて」。

「親子丼」。親子丼は、淡路産の瑞々しい甘い玉ねぎと炙った鶏を鳳凰卵でとじる。丼は、おまかせコース¥8,500(税込)の1品として応相談

金重巖の粉引に盛られて登場するそれは、言うなれば〝上品ジャンク〞。一方親子丼は、実は重島氏自身の好物なんだそう。穏やかな人柄に通じるような懐かしくも優しい味わいだ。

酒器は唐津・田中佐次郎氏によるもの

無駄な装飾のない空間

※本記事に掲載されている価格は、原則として消費税抜きの表示であり、記事配信時点でのものです。

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo