美味すぎて常連確定!著名人たちの“マル秘”麺&丼9選

  • 「天丼」¥1,200。岸本さんは、ここへ単品「芝海老天」¥500を追加!

  • 付属する生卵やテーブルに置かれる天かすで、味に変化をつけながら、じっくりと楽しめる。¥850

  • 食通としても知られる芸能界きってのオールラウンドプレーヤー。20年の間に仕事やプライベートで訪れた店から厳選してまとめた著書「勝俣グルメノート」は名著として名高い

  • ボリューム感満点なので、シェアして食べるのも一手だ

  • テレビや雑誌などを中心に活躍。日本各地の料理からヒントを得た独自のレシピを提案。著書も多数。料理番組「男子ごはん」(テレビ東京系)にレギュラー出演中

  • 梅は¥990 、ほかに竹¥1,450、松¥1,980。ご飯を完食しても鯛茶用に新たによそってくれる

  • 人気女性誌で活躍する“グルマン”モデル。本誌連載も担当。食やインテリア、ファッション、美容のこだわりをまとめたスタイルブック「くいしんぼ。」も上梓

  • クーリシャスにサラダとスープ、バゲットが付いたランチセットは、平日¥1,400、土日は前菜付き¥2,400~。新潟産インディカ米にかぼす風味のアンディーブをのせ、パンプキンクーリを添えた一皿

  • 女性誌「VERY」の専属モデルとしてカリスマ的人気を誇る。2女の母でありながら、持ち前の英語力、洞察力、センスを生かした、ディレクションやコラムニストとしても活躍。

  • 菜苑が商標を取っているという「純レバ丼」¥1,100。パックで持ち帰りも可能だが、温かいうちに喰らうべし

  • ボーカル持田香織とギター伊藤一朗からなる音楽ユニット。現在毎週土曜9:55~10:25フジテレビ「ライオンのグータッチ」のテーマ曲としてオンエア中の新曲「まいにち。」が配信中

  • ランチタイムのみ¥950、大盛りは¥100増し。ディナーではこだわりの炭焼き料理を提供する

  • クリエイティブプロダクション「デイリーフレッシュ」代表。広告、パッケージ、写真集、CDジャケット、グッズなど幅広い分野のアートディレクションで知られる。

  • 通常提供のカツ丼より、肉が分厚く大きい。メニューにないが、頼めば対応してくれる

  • 西麻布の住宅街に佇む名店『寿司勇』の親方。築地の仲卸『樋長』で仕入れるマグロは絶品。また、アートや音楽に対する造詣が深く、店内でライブを行うことも

  • 南青山『ランベリー』で2008年より9年連続で、京都・八坂神社内『ランベリー京都』では、開店から半年でミシュランガイドの星を獲得した実力派シェフ。

  • 小エビ天茶単品でのオーダーは不可。コースは、ランチ¥6,500〜、ディナー¥11,000〜。お好みでのオーダーも可

  • 一軒家レストラン『ペレグリーノ』のオーナーシェフ。“食の都”の異名を取る北伊パルマの郷土料理を基調に、1日6人のみの対応、1人で料理からサービスまでこなす

もどる
すすむ

1/25

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo