あるようでなかった!六本木・恵比寿できちんと接待に使える名店4選

仕事を成功へ導くにはレストラン選びも重要。グルメなクライアントを相手に、よく使われる場所で接待していたりしないだろうか?

今回は相手に「君、よく知っているね!」と思わせる、六本木・恵比寿のきちんと接待ができるレストランを紹介。ホテル以外にも使えるお店はあるんです!

店内は天井が高く、シックでモダンな雰囲気。テーブル席の間隔もゆったり、開放的な心地よい空間の演出にもこだわりを。伊藤若冲や浜口陽三氏の作品を飾った個室もあり

美術館さながらの食空間『雨後晴 錦繍 東京ミッドタウン』

六本木

サントリー美術館の横に佇む店は「和食屋が手掛ける蕎麦屋」という、コンセプトで今年の3月にオープンした。ジャパニーズモダンな店の料理は、和食中心。

魚料理は店主が漁師の経験もあるだけに、仕入れた魚は自信を持っての選りすぐり。蕎麦のメニューは「海老と季節野菜の天婦羅蕎麦」、「鴨南蛮蕎麦」など温冷豊富だ。

徳島産のすだちをたっぷりあしらった「すだちそば」1,728円

この季節の一番人気は「すだち蕎麦」。すだち特有の柑橘系の味と香りがコシがあり、つるりとした喉ごしの蕎麦、コクのある出汁と絡み合いクセになる。蕎麦は、赤城山麓で無農薬栽培されたものを使用。この店では、表情豊かな器使いも目にもご馳走。

銘酒は大吟醸酒「十四代」、「磯自慢」を始め豊富に。酒器も取り揃えているので、客は飾り棚から好みの酒器を選べる。食とアートの世界へ誘えば、今宵は相手にとって忘れられない夜に。

「産地直送のお造り盛り合わせ」1人前1,350円~。写真は2人前。真鯛、ヒラマサ、ノドグロなど、日替わりで旬の魚を旨い酒と共に

「季節の前菜5種盛り合わせ」1人前1,080円。写真は2人前

飾り棚には、有名無名の枠を超えた、店主の審美眼により集められた酒器や陶器を

客人へのもてなしは、入口(玄関)の花活けにも心を尽くして

近江牛の「蒸ししゃぶ会席」は9,000円(税別・以下同)~。丁寧に蒸しあげる京野菜のさっぱりした味わいは幅広い年齢層のゲストに喜ばれる

質の高い料理と空間が大人の距離を縮める『瓢喜 香水亭 六本木本店』

六本木

2016年5月、六本木交差点からほど近い場所にオープンした高級料亭『京都瓢斗』『京都瓢喜』の姉妹店。著名な建築家が手掛けた店内は、銀箔があしらわれた洗練された装い。完全個室で、見た目にも鮮やかな京懐石が楽しめる。

名物は京野菜を敷き詰めたせいろで近江牛や白金豚を蒸して味わう「蒸ししゃぶ」。接待では同店でしか味わえない特製「近江牛シロスキ」もおすすめ。

左.蒸ししゃぶ会席「瓢喜」1万5,000円の初夏をイメージした八寸
右.掘りごたつの個室は2~34名まで対応可能

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ