こじらせマン Vol.3

こじらせマン:未婚の自分にコンプレックスを抱える、35歳の出世頭イケイケ広告営業マン

数年前からよく耳にするようになった“こじらせ女子”。綾瀬はるか主演のドラマで一気に認知度が上がり、一時は流行語大賞にもノミネートされたこの言葉は、結婚したいのにできない、もしくはしようとしない、少々扱いづらい女性のことを指す。

そこから派生して、これまた最近よく聞くのが“こじらせ男子”。

この連載では、近年東カレ界隈で増殖するこの“こじらせマン”の実態を、同じくこじらせ女子であるフリーランスの雑誌編集者の絵美里(30歳)が毎回24時過ぎの都内の居酒屋を舞台に、紹介していく。

初回はモテ男なのになぜか結婚に縁遠い敏腕ディレクターの亮太、前回は10年恋愛を休んでいる草食系な健夫を紹介したが、今回は異例の出世を果たした優秀営業マンが、独身であることに対して抱えている劣等感や、それでも譲れない結婚相手に求める条件について赤裸々に告白する。


<今週のこじらせマン>

名前:幸太郎
年齢:35歳
職業:大手広告代理店営業
年収:1,300万
住まい:広尾
出身:アメリカ
理想の結婚相手:程よく可愛くて、程よく頭がよくて、程よく真面目な年下女子

「この歳で結婚していない自分が恥ずかしい…。」新種のこじらせマン現る!


とある土曜の夜、白金の古民家バー『きえんきえら』で絵美里と幸太郎はウイスキーが入ったロックグラスで乾杯を交わす。


「久しぶりだな。元気してたか? 聞いたよ、お前ら別れちゃったらしいな。びっくりしたよ。」

「そうなんだよ~。まぁ色々あったけど…、今はもう立ち直ったよ。てことで私、彼氏募集中だから飲み会よろしく!(笑)。幸太郎さん、得意分野でしょ?」

「最近俺、飲み会とかやってないからな~。なんだよ、別れて落ち込んでるのかと思ったら案外元気そうで安心したよ。」

幸太郎は、絵美里の元カレ、哲哉の親友で絵美里の大学の先輩でもある。今日、絵美里が出席していた大学時代の同級生の結婚式の二次会で約1年ぶりに偶然再会し、会がお開きになった後、近場で飲み直そうという流れになった。

幸太郎は大手広告代理店に勤務するバリバリの営業マンだ。帰国子女で語学が堪能なため、新卒で入社して以来、主に外資系のクライアントを担当している。学生時代アメフトで鍛えたがっしりとした体形に、イタリア製のベージュのスーツが今日もビシッとキマッている。

男気があって、良くも悪くもウソがつけないストレートな性格と、周りを引っ張っていくリーダーシップで、幸太郎は後輩から同世代、上司まで、みんなに慕われている。少々コワモテ系のルックスも、九州男児好きが多いアラサー世代にはドンピシャなはずだ。

「えっそうなの?ところで幸太郎さんは最近どうなの?モデルの彼女と続いてるの?」

「あ~、あれから半年くらいつきあったんだけど、やっぱり若すぎたな…。どんどん我儘になっていって、その結果喧嘩が増えてダメになっちゃった。まぁ、結婚とか全然考えられない相手だったからよかったんだけどな…。」

以前幸太郎と哲哉と3人でごはんを食べた際に、幸太郎が久々に彼女ができたといって見せてくれたLINEのアイコン写真を、絵美里はまだ鮮明に覚えている。

「そうだったんだ…じゃあ引き続き独身ライフ満喫中?」

「やめてくれよその言い方。確かに今は特に誰もいないけどな…。もう社内で俺の年次で結婚してないのは、俺くらいになっちゃったよ。ホント恥ずかしいよ…。」

どうしたことであろう、いつも自信満々の幸太郎が、随分と弱気になっている。間接照明に照らされたその横顔には、哀愁すら漂っている。

【こじらせマン】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ