• PR
  • お酒の履歴書 Vol.2

    お酒の履歴書:乾杯から始まる恋物語〜意識高い系婚活OL 明子の場合〜

    ●前回までのあらすじ
    Vol.1ではアラサー失恋女の美佳が登場。お酒が大好きな美佳(33歳)は、失恋をきっかけに会社の同期であり家も近所の西野 純とふたりで飲みに行くようになる。

    美佳は少しずつ西野を意識していくけれど、社内恋愛ということもあり、積極的なアプローチはまだしていない。美佳はふたりで行ったビストロで、西野がすすめてくれたスパークリングワインを飲む。そして、また仕事帰りに彼を誘ってみようとぼんやりと考えていた。彼に女はいないと思っていたのだった。

    Vol.1:乾杯から始まる恋物語〜アラサー失恋女、美佳の場合〜

    意識高い系婚活OL 伊藤明子(化粧品会社勤務・26歳)の場合

    飲みレベル ★

    20歳 兄の結婚式で初めてビールを飲む。“ちょっと苦いな”というのが正直な感想。
    21歳 忘年会でサワーなどを3杯飲んで撃沈。以後、飲む際はカルーアミルクがお決まりに。
    22歳 カシスオレンジは大丈夫だと知る。
    23歳〜24歳 お酒を飲まない彼氏とつき合い、ふたりで紅茶にはまる。
    25歳 ウーロンハイ・デビュー(薄め)。
    26歳 ある男性がきっかけで、初めてスパークリングワインを美味しいと思う。

    デートの待ち合わせが20時って、少し遅いなと思った。さらにその直前にLINEで、「ごめん、仕事がおしちゃってて少し遅れます」と連絡が入る。

    初デートなのに…。デートの遅刻はルーズさの顕れのような気がする。仕事じゃしょうがないけど、逆に嫌かもしれない。“仕事で遅刻”は何回も繰り返されそうだからだ。

    そう妄想していても、その人、西野さんのキャラはまだ掴めていない。広告代理店勤めの33歳で独身、彼女ナシ、築地在住、ビールが好き、お酒を飲まない女性への気配りもできるってことくらい。

    そもそも、3カ月前に合コンで一度会っただけだから、ほぼ他人だ。実際、西野さんからの誘いも他人前提だった。

    “明子さん、こんにちは。お元気ですか? 見知らぬ者からLINEがきたと思うかもしれませんが、まったくの他人ではありません。以前、月島のもんじゃの会でお会いした西野です。西野 純といいます”

    その合コンでの“もんじゃ”と名付けられた6人のグループLINEは社交辞令的に全員が挨拶した程度。直後にうちひとりから誘われたけれど、ヘビースモーカーだったからお断りした。

    そのあとはすっかりもんじゃ合コンのことも忘れていたし、彼の顔も忘れていた。

    背が高かったということと、私に対しての気配りは覚えている。もんじゃ屋さんで、みんなが当たり前のように最初の乾杯にビールを頼むので、私も最初は合わせて頼んだ。

    でも、実はあまり飲まない。お酒が体質的にNGなわけじゃないし、美味しいと思うこともある。でも、強くはないし、なにより馴染みがない。

    飲み慣れないのとあまり強くないこともあって、私のお酒の減りは特段遅かった。ガブガブ飲む女友達と一緒だったから、いっそうスローに見えたのだろう。西野さんはそれに気づいて「何かお茶とか頼む?」と声をかけてくれたのだった。

    そのことが記憶に残っていたのと、そろそろ本腰で婚活をしようと思っていたところだったから、西野さんの食事の誘いをすんなり受けた。

    いい会社に勤めている人だし、顔は覚えていないけど、お見合いのつもりで行ってみようと。それに3カ月ぶりの突然の誘いは、ちょっとスリリングで女心をくすぐるものだった。


    なのに、遅刻か…。私はひとり指定された『グランド ハイアット 東京』の『フィオレンティーナ』で待つ。

    その辺のカフェで勝手に待つのに、自分の遅刻を気にしてか、贅沢な場所で待たせたのかもしれない。20時を過ぎると店はディナーのお客も多くて、私の後ろの席のカップルは、ワインも随分進んでいるようだ。

    先ほどまでは、「休みの日は何をしているの?」という会話から野球の話をしていたのに、それから数分後には
    「札幌ドーム、一緒に行こうか。野球見て温泉泊まって」
    なんて女性が口説かれている。

    「私、お部屋にお風呂がついている温泉って、あんまり好きじゃないんです」
    と、女性は否定はしない返答だ。

    ふたりはお互いにホロ酔いで、まったりいいムード。私も飲む女性だったら、男の人ももっと口説きやすかったりするのかな。初デート(?)で温泉に誘ってくるエロオヤジは嫌だけど…。

    そんなことを考えていたら、「ごめん!遅れちゃって!」と見知らぬ男性、もとい西野さんが現れた。
    「あ、西野です。お久しぶりというか、初めましてというか」と、はにかむように笑っている。

    そして、「これお詫びに」と、『フィオレンティーナ』の包を私に差し出してきた。中身はクッキーみたい。

    「いま買ったんですね(笑)」
    「そう、気づかれないだろうと思って(笑)」
    「考えごとをしていて、全然見てなかったです。なんだか気を使わせちゃって、すみません。ありがとうございます!」

    私たちは西野さんが選んでくれた『トリプルアール』に向かった。それは私の「お肉が食べたい」というリクエストのもとに選ばれた六本木の店だった。店は赤を基調とした内装で、外国人のお客も多くて、なんだか海外のバーのような雰囲気。

    「ここはね、和牛がリーズナブルに食べられるからよく来るんだ」
    と言いながら、西野さんはワインリストをちらちら見ている。

    おすすめ記事

    もどる
    すすむ

    東京カレンダーショッピング

    もどる
    すすむ

    ロングヒット記事

    もどる
    すすむ