ハリネズミ男 Vol.4

元カノの話は笑顔で受け止めろ!ガラスのハートのハリネズミ男の飼い慣らし方

ハリネズミ男という言葉を聞いたことはあるだろうか?

おそらく聞いたことがない方がほとんどであろう。臆病で警戒心が強く、無理に触ろうとすると針で威嚇してくるハリネズミ。しかしその一方で、構うと喜ぶ可愛い一面も合わせ持つ。

バブル世代ほど貪欲ではないが、現代に定着した草食系ほど無欲でもない。硝子のハートを持ちながら、プライドだけは強靭で絶対に傷つきたくない。女性は好きだが、断られるのが怖くて一歩踏み込めない。彼らは、抱きしめられるのが怖くて、体を針で守る。

そんな取り扱い注意のハリネズミ男が近年、30代男性を中心に東カレ界隈で大増殖中だという。この連載は、そんなハリネズミ男の観察日記である

初回は典型的ハリネズミ男のヒロキを事例に、ハリネズミ男の取り扱い方を習い、その後SATC女子に萎縮しているタケル、そして婚活女子を振り回すショウヘイを観察し、ハリネズミ男の生態が徐々に明らかになってきた。

今回は...?


<今週のハリネズミ男>

名前:ユウヤ
年齢:30歳
職業:フリーランスでWebデザイナー
年収:約780万円
住まい:恵比寿
出身大学:上智大学
理想の飼い主:癒し系でスポーティーな子

忘れられない元カノ


今日の食事会も時間の無駄だったと、六本木から恵比寿の自宅に帰るタクシーの中で反省する。

クライアントに気を遣い、大して可愛くもないのにやたらと態度だけ大きい(そしてそこまで可愛くもない)女性陣に気を遣った結果、タクシーに乗った瞬間にどっと疲れが出てきた。

タクシーが渋谷橋の交差点の赤信号で停まった時、無意識にユウヤは考えてしまう。

「こんな時、美咲が家にいてくれたらいいのになぁ」

大学時代から付き合っていた美咲と別れて1年半になる。約6年間も付き合っていた美咲とは、家族同然の仲だった。3年前から一緒に住んでもいた。何も言わなくてもお互いの考えている事が分かり、友達同士も仲が良かった。お互いの両親にも会った事があり、結婚するなら美咲だと信じていた。

しかし、ある日突然フラれてしまった。

「もっと自分を磨きたい。ユウヤといたら私、甘えて何も成長できない気がして。」

とよく分からない別れの台詞を突きつけられ、美咲は出て行ってしまった。

女性の別れ際はこんなにも無情なものか。

たくさんの思い出や感情があったはずなのに、無情なまでに呆気なかった。

追い打ちをかけるように、ユウヤが未だ失恋に打ち拉がれている中、別れて半年後に美咲が飲食系の経営者と結婚したと聞いた。ショックが大き過ぎて、暫くその事実を受け入れられずにいた。

美咲との思い出が溢れる、目黒に借りていた部屋を引き払い、恵比寿へ引っ越し、最近よくデートをしている人もいる。しかし美咲のことを未だに引きずっている。

【ハリネズミ男】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ