東洋経済・東京鉄道事情 Vol.19

コスパがいいのはこれだ!新幹線のファーストクラス、最も割安なのはどれ?

北海道新幹線H5系のグランクラス。はたして割安か?(photo/尾形文繁)

新幹線のファーストクラス「グランクラス」が2011年、東北新幹線に導入されてから5年が経った。導入当初、グランクラスが連結された列車(E5系)は東京~仙台・新青森を1日3往復だった。

その後、E5系が続々生産されるとともに、グランクラスは北陸新幹線用に製造されたE7系、W7系にも導入され、グランクラスが連結された新幹線の本数、運行エリアは拡大した。さらに、2016年3月のダイヤ改正でH5系がデビュー、グランクラスで北海道まで行けるようになった。

グランクラスは、グリーン車をはるかに上回る快適さとサービスが特徴の車両だ。シートは本革製で、リクライニングが最大45度まで倒れる。アルコールやソフトドリンクが飲み放題。スリッパ、ブランケット、アイマスクなどのアメニティグッズや新聞、雑誌の貸し出し、軽食のサービスなど。

車内には専属のアテンダントがいて、欲しいものはコールボタンを押せば、サービスの品々を持ってきてくれる(フルサービスの列車の場合)。正直、何時間でも、ここで過ごしたくなる空間だ。

東洋経済オンライン

時間がかかるほうが「お得」?

一般論でいうと、サービスを提供する空間というのは、「時間」によって料金が決められるものだ。たとえば、マッサージ店は施術の時間が長くなるほど料金が上がり、カラオケボックスも、滞在時間が長くなるほど料金が上がる。レストランの飲み放題プランも、時間制限がある。

いっぽう、鉄道は遠くまで早く移動することが最も重視されるサービスとされているため、所要時間ではなく「距離」と「スピード」で料金が決められている。この理念はグランクラスの料金にも反映されており、所要時間は考慮されていない。たとえば、JR東日本管内のグランクラス料金は、フルサービスの場合、100kmまで6,170円、200kmまで7,200円、300kmまで8,230円、700kmまで9,250円、701km以上が1万280円となっている。

つまり、東京と新函館北斗を最速4時間2分で結ぶ「はやぶさ5号」に乗っても、4時間31分で結ぶ「はやぶさ21号」に乗っても、同じ料金なのだ。29分も長く快適なサービスを受けられるにもかかわらず、支払う金額は同じ。

【東洋経済・東京鉄道事情】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ