肩を寄せ合って語らおう!恵比寿、麻布のつい立ち寄っちゃう大衆酒場4選

“安くて旨い”の元祖といえば赤提灯の大衆酒場。今回は、若者に人気の街で暖簾を守り続ける昔ながらの店をピックアップ。たらふく呑んで食べても¥5,000でおつりがくる、名店の魅力を改めてお伝えしよう。

こちらが『たつや駅前店』の営業中の様子。こちらは1階のカウンター席で、地下にも同様のカウンターやテーブル席がある

元祖黒ホッピーとやきとりで朝から飲める都会のオアシス『たつや駅前店』

恵比寿

コの字カウンターと、茶色くすすけた壁と品札。“昭和レトロ”を地で行く大衆酒場感は、恵比寿ではもはや貴重だ。平日は朝8時から翌朝5時までの21時間営業で、午前中にもかかわらず連日カウンターは客でびっしり。

雰囲気・使い勝手の良さはもちろん、40年継ぎ足しのやきとりとこの店発祥の黒ホッピーなど、ブレない旨さと親しみやすい価格帯を貫くのもこの地で愛され続ける理由だ。

カシラ、レバー、しろなどが入った徳用盛り合わせ(5本)¥850。黒ホッピー¥470

【御計算書】
人数×1

徳用盛り合わせ ¥850
もつ煮込豆腐 ¥470
がつ刺し ¥380
黒ホッピー ¥470
‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
合計 ¥2,170

大きな豆腐が一丁入ったもつ煮込豆腐¥470。餅¥100のトッピングもオススメ

メニューに「やきとり日本一」とあるが、やきとりとは「肚裏」(内臓)のことだそう。滋味あふれる新鮮なもつ焼き¥180~が味わえる

焼き物盛り合わせ(5串)¥850。この日は右から、レバー、シロ、ハツ、タン、やきとりもも肉。タレは創業以来継ぎ足し

行列とタレ壺が名物!麻布十番のやきとんの名店『あべちゃん』

麻布十番

屋台から始まり、戦後間もない頃からこの地に店を構える、やきとんの名店『あべちゃん』。40年ほど使い込まれた貫禄漂うタレ壺に串を浸して、厚めの肉をじっくり焼くのがあべちゃんスタイル。

串が焼けるまで、焼きとんダレのかかったキャベツをつまんで待つのが常連のお決まりだ。1品料理もほぼ¥500以下と、麻布十番にして庶民的な価格と雰囲気にとことん酔うべし。

ミミガー¥460、新鮮キャベツ¥310。いずれもピリ辛ダレで食べる定番の一品。キャベツはお客からのリクエストメニュー

【御計算書】
人数×1

焼き物盛り合わせ(5串) ¥850
ミミガ― ¥460
新鮮キャベツ ¥310
‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
合計 ¥1,620

店内は清潔感溢れ、活気が満ちあふれている

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ