• PR
  • 実はモテてない男:元カノのホンネで知る自分の課題……本当にモテる男に必要な条件とは?

    広告代理店で営業職を務める杉本和弘(32歳)は、最近不調な恋愛事情に風穴を開けるべく、悪友が主催する合コンに参加。そこで、小悪魔的な魅力を持つ美女・美也子に出会う。

    ミスコン常連で男のあしらい方が抜群な美也子を口説き落とそうと夢中になる和弘。いいムードになり、耳元で2人きりで飲もうと誘ったところまでは良かったが、なぜかその直後に美也子の態度が急変。次の約束を取り付ける間もないまま、踵を返して帰ってしまう。

    美也子の態度の変化が理解できず、悶々と自問自答する中で、昨年別れた真由美から連絡が入ったのだが……?

    第1回:自信家ほど当てはまる! 自分では一生気付けない、女性に絶対モテない理由

    美也子と出会ったあの合コンから、早くも2ヶ月が過ぎようとしていたころ、昨年別れた真由美からLINEにメッセージが入った。

    「ひさしぶり。急だけど、ちょっと報告したいことがあるの。時間もらえる?」

    真由美は、別れたといっても、3年も同棲していた半分家族のような存在の女だ。以前に比べれば当然疎遠になっていたが、なんだかんだで3~4ヶ月に1度くらいは、一緒に飯を食べる程度の友人関係は継続していた。だから誘いが来ること自体は珍しいことではない。

    しかし今回は、“報告したいこと”という文句が気になった。何かあったのだろうか。

    「いいけど、どうした?」


    元カノ・真由美の告白


    LINEで幾つかのやり取りを交わした末、次の土曜日の昼に表参道の『インターセクト バイ レクサス トーキョー 』で待ち合わせをすることになった。

    待ち合わせ場所に着くと、真由美は既に着いていて携帯をいじっていた。僕に気付くと、真由美は携帯の画面から顔を上げ、満面の笑みを浮かべた。

    ……どうしてだろう。3ヶ月前に会った時と、体型や身なりがさほど変わった訳ではないのに、なぜかとても新鮮で綺麗に見える。そんなことを思いながら僕が席に着くと、真由美はこう切り出した。

    「忙しいところごめんね。ちょっと報告しておきたいことがあって」

    真由美はすぅと大きく息を吸い込むと、一気にその言葉を吐いた。

    「私、結婚するの」

    突然の告白に一瞬時が止まった気がした。
    結婚って……3か月前に会った時は、何も言ってなかったじゃないか。

    リステリン_2_pc

    おすすめ記事

    もどる
    すすむ

    東京カレンダーショッピング

    もどる
    すすむ

    ロングヒット記事

    もどる
    すすむ