鎌倉カレンダー Vol.2

鎌倉カレンダー:都会の狂ったサイクルで生活する仲間たちに感じる「優越感」。自分には海がある

東京生まれ、東京育ち。

学生時代から就職まで一通り都会で過ごしてきた透は、外資系証券会社に勤め高い年収を稼ぎ、何不自由しないエリート生活を送る。しかし都会で神経をすり減らす生活に疲れた透は、癒しを求め「鎌倉の海」に通うようになった。

そんな透はいつしか、かつての自分と同じような生活をする都会の仲間たちに淡い「優越感」を抱くようになっていった。

鎌倉カレンダー Vol.1:消えない「焦燥感」。東京で消耗した若い男が人間を取り戻したのは、鎌倉の海


早起きして、鵠沼から波をチェックし134号線をドライブ。この幸福感を「奴ら」は知らない


サーフィンにハマって、そろそろ1年になります。

今では週間天気図を見て、今週は波がありそうだな、なんて予想もできるようになりました。でも海に行けるのは基本週1回。すごく上達したわけではありませんが、それでも波に乗る感覚はある程度分かってきたし、地元サーファーに怯むこともなくなり......


【鎌倉カレンダー】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo