絶対に恋に落ちる恵比寿デート!オシャレな絶品イタリアン厳選4選

閑静な場所に構える隠れ家的一軒家イタリアンレストラン

遊び心も忘れない隠れ家イタリアン『恵比寿es』

恵比寿

恵比寿駅東口から徒歩5分ほどの閑静な場所に一軒家を構える、隠れ家的イタリアンレストラン『恵比寿es』。

お店の1階テラス席奥にはひときわ目立つピザ窯がど~んと構えているのだが、このピザ窯こそ「ピザ窯界のフェラーリ」と呼ばれるステファノ・フェッラーラ氏が作成した窯であり、通常のピザ窯と比べると、火の回り方がきれいで力強く焼き上げることができるのである。

それを扱うピザ職人は、ピッツァの世界大会で準優勝をするほどの凄腕の持ち主。最高のピザ職人と最高のピザ窯があわさるお店だからこその絶品ピッツァが出来上がる。

大迫力の豪華メイン食材の箱見せを目の当たりにしたらテンションがあがること間違いなし!

メインはその日のおススメ食材の中から好きなものを選べるスタイル。トレーの上で動くオマール海老は迫力満点!

さらに、選んだ食材をグリルかフライパン焼きかといった調理法や、バルサミコソースかレモンバターソースかといった味付けまで自分好みに選べる。

肉汁あふれるこの美しい焼き面の肉塊

この日のチョイスは「A5黒毛いわて牛の塩釜焼き」。塩で覆われた肉をカットすると、美しくセクシーな断面が現れる。

たまらずに口の中に入れると、一噛みするごとにザクザクッと心地よい肉繊維の食感。噛めば噛むほどに和牛の旨味とほど良い塩味がじわじわとあふれ出してきて、最初は淡白な味わいだったのが濃厚な味わいへと変化していく。

味はもちろん、見た目も楽しめるハート型ピッツァ

ハート型ピッツァ、メイン食材の箱見せ、自ら選ぶ食材と調理方法など、最上級の味わいでありながらも、遊び心も忘れないエンタメ性抜群のイタリアンレストラン『恵比寿es』。

カジュアルなデートにも、特別な日に使うのにもぴったりのお店である。胃袋と一緒に相手の心をグッとつかめること間違いなしの店だ。

映画の世界に迷い込んだかのような独特の世界観

まるでアートのような魚介イタリアン『アルモニコ』

恵比寿

今日はどんなスペシャリテに出会えるのだろう、そんな大人の好奇心を満たしてくれるイタリアンがあるのをご存じだろうか?

2013年に恵比寿に誕生した『ARMONICO』。まるで映画の世界に迷い込んだかのような独特の世界観を放ち、細部までこだわったインテリアや色使いがさらにその空間を盛り上げる。

「モッツァレラチーズのムースと完熟トマトのジュレのカプレーゼ」

料理のテーマは「イタリアと日本のハーモニーとお客様との調和」。固定のメニューは持たず、常にその時々の旬の食材と向き合うというスタイル。

皿をキャンバスに仕立て、その上に並ぶ食材はシェフの地元大分県から空輸されてくる鮮魚だという。本場イタリアで培った技で、アートのような美しい一皿が次々と出来上がってしまうのだから驚きだ。

「干しダラを練りこんだニョッキ ムール貝のサフランソース」

料理はおまかせコースのみで6,000円。人気の前菜は「モッツァレラチーズのムースと完熟トマトのジュレのカプレーゼ」。酸味のあるトマトのジュレの上にムースがふんわりと乗った、デザートのように楽しめる一品。

色鮮やかなパスタは「干しダラを練りこんだニョッキ ムール貝のサフランソース」。もっちりとしたニョッキに、濃厚でスパイシーなサフランのソースが絡み合う。

「黒毛和牛 ナミクリの低温ロースト マデラ酒のソース」

メインには「黒毛和牛 ナミクリの低温ロースト マデラ酒のソース」。低温でじっくり仕上げるからこそできる、しっとりとした肉の食感とその旨みを堪能してほしい。

料理のみならず、ワインや空間全てに納得と満足を感じられるまさに大人にぴったりの店。食にこだわるあの人を今夜誘ってみるのはいかがだろうか。

※本記事に掲載されている価格は、原則として消費税抜きの表示であり、記事配信時点でのものです。

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo