幸せな離婚 written by 内埜さくら Vol.1

幸せな離婚:もう顔も見たくない!膿んだ夫婦が選ぶのは離婚か現状維持か!?

東京に限らず離婚が珍しくない昨今。なぜ幸せを誓い合い結婚した夫婦は離婚に至るのか。

結婚生活に悩む男女は大勢いるが、離婚を決意するターニングポイントとは。

そして、今回登場するふたりは結婚生活の継続と離婚、どちらの選択をするのか――。

「今日はまだ帰りたくないな……」

仕事を終えて夜の事務所でひとり、恭子は「だって顔を見たくないんだから仕方ないよね。」と自分に言い訳しながら取引先からもらった赤ワインをグラスに注いだ。

フリーの映画プロデューサーをしている恭子が借りている事務所は、赤坂見附から徒歩7分ほどの場所にある。といえば豪華なマンションを思い浮かべる人もいるだろうが、実際は築40年を超えている。

だが持ち主の手入れが行き届いているため、実年数よりはうんと若く見えた。
ただし室内は、スタッフ3名分のデスクと来客用のソファーを置けば足の踏み場もなくなるほど手狭である。

「オフィスはどこ?」と聞かれて「赤坂見附です。」と見栄を張りたかったわけではない。

恭子には、7年間フリーランスを続けてきたなりの仕事への哲学があった。

「固定費は最小限に抑えて貯蓄に励み、収入の浮き沈みに一喜一憂しない体制を維持する」

だから今でも常勤は雇わず、繁忙期のみ学生アルバイトを雇う形で、基本的にはひとりで仕事を切り盛りしている。

映画プロデューサーの仕事は企画立案から制作費集め、監督や脚本家やスタッフの決定、撮影が始まれば現場の指揮を執るなど多岐にわたる。その中には、いかに無料でテレビや雑誌、Web等のメディアに宣伝してもらうかという配給宣伝も含まれる。

映画会社やテレビ局に出版社、芸能プロダクションが集中する都心でアクセスがよく、できるだけ営業に回りやすい地。打ち合わせは来訪ではなく訪問することが多いから、家賃はなるべく安めでいいけれど、時間と交通費を節約するため駅から徒歩圏内。

都心に居を置かなければ成立しない仕事に就く恭子の条件に敵う物件が、赤坂見附にあっただけの話であった。

その事務所ですでに仕事を終えている恭子が「顔を見たくない」と思う相手――それは夫の竜也を指す。

「最近、仕事はどんな感じ?」
そう恭子が聞けば、

「俺だって頑張ってるんだから、何度も聞かないでくれよ!」
と竜也がイライラと答えるようになって、どれぐらいの時間が経っただろう。

数えられるほどしか仕事の話を聞いていないのに、“何度も”と表現する竜也がかなりの焦燥感を抱えていることは、容易に察知できた。

――わたしたちは後戻りできないほど膿んだ関係になってしまったんだな……。

竜也の姓、真壁になった7年前からの歴史を恭子は振り返る。

東京生まれ、東京育ちの今年41歳になった竜也と、神奈川県出身で竜也より6歳年下、35歳になる恭子は仕事の現場で知り合った。

【幸せな離婚 written by 内埜さくら】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ