和牛信者もこれは納得!最強の赤身肉ニュージーランド牧草牛とは?

なんとも美味しそうな焦げ目!

火を入れすぎないことが美味しさを引き出すワザ。だから、オーブンで熱するのは数分程度。その後、少し肉を休ませて(予熱を入れて)、旨みを肉の中に閉じ込めてから提供してくれる。

炭の香ばしさが鼻腔をくすぐり、頬張れば、しなやかな弾力とほどよい甘みが広がる。そんな赤身のストレートな味を堪能するには塩、胡椒がベスト。付け合わせのベルギーエシャロット(小型玉ねぎの一種)、カラーピーマンなど野菜との相性も抜群だ。

「毎日、食べています」と言う石崎シェフ。焼いているシーンはオープンになっている

内観

※こちらの店舗は、現在閉店しております。

「ニュージーランド牧草牛 ステーキ」テンダーロイン(250g)¥5,125、サーロイン(200g)¥2,400。

肉のことならなんでもござれ。肉ソムリエが供する、徹底管理された旨みと焼き『シックスマーズ ステーキ&バル』

明治神宮前

高層からの眺望も魅力のステーキレストラン

店内に入ると、まずは肉がおさめられた冷蔵ケースに目が奪われる。複数の銘柄を揃えるなか、〝肉ソムリエ〟こと藤田宗平さんが太鼓判を押すのが「ニュージーランド牧草牛」だ。

肉好きが高じて世界各国を食べ歩いたという藤田さん曰く、「身質がシルキー。とくにテンダーロインは、いつまでも噛み締めていたいほど。とはいえ、スッとやわらかく、すぐにノドを過ぎてしまうのですが(笑)」

表面はさっと焼く程度

そんなテンダーロインと、脂が薄くて美味しいというサーロインを焼いてもらうことに。鉄板で表面を焼いたのちオーブンに。ゆっくりと火入れするべく、数分置いたら取り出し、また入れるを繰り返す。

待つこと40分。ナイフを入れると、ほのかな赤身が現れる。ドリップが少ないことにも驚かされる。藤田さんは、熟成肉への造詣が深く、経験値も高い。近い将来は、ニュージーランド牧草牛の熟成も同店にて味わえるかもしれない。

“肉ソムリエ”の藤田さん。アルゼンチンに世界一旨いステーキ屋さんがあると聞き、訪れてしまうほどの肉ラヴァー

内観

「ニュージーランド牧草牛 フィレのグリル(160g)」¥3,500。訪れたならばまずはオーダーしておくべきひと皿。契約農園の野菜が肉の旨さをさらに引き立てる

銀座にいながらにして“ニュージーランド”をまるごと味わえる店『アロッサ 銀座』

銀座

上品な赤身と野菜とワインを味わい尽くす

天井近くまでそびえるワインセラーがエントランスで迎えてくれる、ニュージーランド料理専門店。日中は大きな窓からやさしい光が差し込み、夜には一変、銀座の景観が広がり、接待にも使える設えとなっている。

自然豊かな大地と海が育んだ食材をグリルで味わうのが、こちらの醍醐味で、その主役はもちろん、ニュージーランド牧草牛だ。シェフの岡野孝明さんが選ぶ部位はフィレ。

「繊細で上品な味わいが特徴です。あっさりと歯切れよく、しかも高タンパクで低カロリー。まさに大人のためのお肉ですね」

シェフの岡野さん。ステーキに適すように包丁を入れてゆく

焼きすぎは禁物と、高温すぎない絶妙な温度で20分ほど。そうして供されたステーキは、見事なまでのレア加減。ふっくらと艶やか、真紅の色合いが食欲を増進させる。

副菜は、旬の地のものをボイルし塩、胡椒、バターで。まるまる野菜をいただけるのもうれしい限り。

ニュージーランド専門店ゆえに、ワインはすべてニュージーランド産だ。高品質だが生産量が少なく、日本では出回らない銘柄も用意されている。牧草牛との相性も試してみては。

内観


東カレで編集オペレータのアルバイト募集中!【応募締切2016年3月20日(日)24時】

東カレWEBアルバイト採用:編集オペレーターを急募します!

------------------------------

LINE公式アカウント始めました。毎日東カレWEB最新情報をお届けします!LINE@オリジナルコンテンツもあるかも?

友だち追加数

※本記事に掲載されている価格は、原則として消費税抜きの表示であり、記事配信時点でのものです。



【東カレ読者のリアルな恋愛観を教えてください!】
東京の、厳しい婚活事情をサバイブしている男女の恋愛事情を、今一度調査するべく、緊急アンケートを実施させていただきます。

ぜひ皆さまの「生の声」を沢山お寄せください。皆さまからいただいた内容は、今後のコンテンツ作りの参考にさせていただきます。

以下リンクよりお答えください。
https://questant.jp/q/BIX3GC02

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo