崖っぷちアラサー奮闘記 written by 内埜さくら Vol.7

崖っぷちアラサー奮闘記:初同伴の対価はふたりきりの温泉旅行!火照るカラダの行方は……?

前回までのあらすじ

 北岡涼子、30歳、元女優。社会人経験なし、資格なし、貯金なし。芸能界で活躍したが、徐々に干されて今に至る。就職活動をしようにも、「綺麗」以外の特性がないため続々と不採用通知を受け取る。

 そんななか大先輩の小田につれられて足を踏み入れた、銀座の超高級クラブ『銀華』の由紀ママにひょんなことから店にスカウトされ、夜蝶デビューを果たす。

 そして、客の“魔の手”の真相を知った帰り道、涼子は「二度と会わない」と決めた男と恵比寿駅で遭遇する。

 男との偶然の出会い、指名客からのある誘い、さらに絶句する事件が涼子を襲う!

第6話:崖っぷちアラサー奮闘記:“性なる魔の手”は救いの手なのか

 自宅の最寄り駅である恵比寿駅で遭遇した、「二度と会わない」と決意した男。それは、半年前に1ヶ月ほど交際した、元恋人の三浦拓海だった。顔を見た途端、涼子は過去に引き戻された。

 芸能界を引退した当初、付き合った恋人である。

「わたしね、昔女優をしてたの。売れなくて引退しちゃっ......


【崖っぷちアラサー奮闘記 written by 内埜さくら】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo