崖っぷちアラサー奮闘記 written by 内埜さくら Vol.6

崖っぷちアラサー奮闘記:“性なる魔の手”は救いの手なのか

前回までのあらすじ

 北岡涼子、30歳、元女優。社会人経験なし、資格なし、貯金なし。芸能界で活躍したが、徐々に干されて今に至る。就職活動をしようにも、「綺麗」以外の特性がないため続々と不採用通知を受け取る。

 そんななか大先輩の小田につれられて足を踏み入れた、銀座の超高級クラブ『銀華』の由紀ママにひょんなことから店にスカウトされ、夜蝶デビューを果たす。

 だが、店の客であるカメラマンから「ふたりきりで撮影したい」というオファーに不信感を抱いた涼子は、同僚の紗耶香を助けるため早めに撮影現場へと到着する作戦を実行する。

 その現場で涼子が目撃したものとは? そして、そこに隠された真実とは??

第5話:崖っぷちアラサー奮闘記:夜の銀座は、弱肉強食!食うか喰われるか、餌食は男か女か?!

 銀座の高級クラブ『銀華』の同僚である紗耶香が、カメラマンの江木に乱暴されることがあってはならないと、涼子は早めに江木宅へと到着した。

 紗耶香の撮影開始時間が10時、涼子が16時と6時間もの開きがある。男女がふたりきりの密室にいて“なにか”が起きるには充分すぎる時間があるし、“な......


【崖っぷちアラサー奮闘記 written by 内埜さくら】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo