花より高級車 Vol.5

花より高級車:「ランボルギーニ ガヤルドスパイダー」オーナーが語るGACKT様的美学

合コンで出会った4人の高級車オーナー、通称「C4」とドライブデートを重ねた私は、その後「C天王」と呼ばれる4人の高級車オーナーの存在を知る。これまであまり明らかにされていなかった、都内の高級車オーナーたちのプロファイルを暴き、彼らがどんな仕事をしていて、どんな生活をしているのか、その正体を解明していきたい…。

<ランボルギーニ君、35歳>

透明感のある肌と少しツンとした斜め横顔が印象的だ。まるで『テニスの王子様』から抜け出したようなプリンス感を漂わせている。

「広告業とファンドなど幅広くやってます。」と目にかかる前髪を時折横に振り払いながら、気怠そうに話す。新卒で大手通信教育会社に入社後、転職し、副業として始めた広告業の収入が本業の年収を越えた5年前に独立したという。

成功者に共通していることに、よく時間の有効活用が挙げられているが、それはランボルギーニ君も同じだ。

「人との付き合いにはメリットがあるかどうかしか考え無いです。お金持ちも普通のサラリーマンも同じ分だけ時間の縛りがある中で、いかに有意義に時間を遣うかが大事だと思ってるんで。惰性的な人間関係に時間を使うのは好きじゃない。」

新卒の時から歓迎会や馴れ合いの付き合いは嫌いだったというが、転職先で上司に飲みに誘われた時に、ランボルギーニ君は彼にこう言い放ったそうだ。

「結構です。課長は出世したくないんですか?きっと僕と飲みに行っても僕がずっと話すことになるし、あなたから学ぶことはないと思います。それよりも、自分よりも役職が上の人と飲む為に時間を割いたほうがよっぽど為になりますよ。」

一見すると社会人としての協調性はゼロだし、一緒に働きたくないと思われそうだが、そんな尖った彼の考えに共感してくれる人が社外に多く、その大半が経営者だったそうだ。社会人になってから知り合った知人と一緒に事業を展開しているというが、どうやって人脈を広げ、その中から信頼出来る人を見極めているのだろうか。

「僕は、周りに憧れられる人にならなければ人の上には立てないと思ってます。自信は後から付いてくるものだという考えもあるけど、成功している人たちにはまず先に自信があるものだと思いますね。自信のある人たちにはやはり魅力を感じますよ。」

セルフマネジメントが出来ているかの観点で、スーツの胸ポケットに普通のボールペンなのか、『モンブラン』のペンを入れているかどうか、といった些細なことにもその人の意識の高さや信用される努力をしているか見るという。

「人間関係においては、まずは人を喜ばせるループを作ります。『いや、もういいですよ、いらないです』って言われるまで、メリットを提供し続けます。例えば、その人が知り合いたい人とマッチングして、そこから自分の繋がりにない人を紹介してもらったり。まずは無償で提供しつづけることで、信頼関係を作っていくんです。」

また、恋愛はビジネスに似ている点も指摘していた。

「成功している人は、女性をどう扱ったら喜んでもらえるか戦略的に考えてますね。だからこそモテる。全てが分析に基づいてるトライ&エラーなんです。世間的に可愛いと誉めそやされた女の子はわざと粗く扱うとか、どこでどういう話をすれば落ちるのか恋愛の必勝パターンを確立しようとしてます。僕の友達には勝ちパターンをチャート化している人もいるんですよ。(笑)」

ランボルギーニ君も相当手の内で女の子を転がしてるんだろうと思ったのだが、意外にも?彼自身は大分彼女にコミットしているようだ。

彼女は絶対にランボルギーニで送り迎えだそうで、合コンに行くよりも満員電車に乗られる方が嫌だと王子様、いやランボルギーニ君は仰っておりました。いつ痴漢されてもおかしくない環境に晒す位なら、合コンに行かせる方がずっと安全だとお考えのよう。それって単に物理的な距離の問題?と突っ込みたくなったが…。

【花より高級車】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ