高垣麗子の美チャージディナー Vol.26

『AneCan』専属モデルがコメ目当てに通う人気和食店3軒

高垣 麗子
curated by
高垣 麗子

体型キープが仕事でもあるモデルさんには、米、小麦粉などの炭水化物を摂らないひとも多いという。

しかし、グルメで知られるモデルの高垣麗子さんの行きつけのお店は、お米を抜きでは語ることのできない和食店!
日本人ですもの、しっかりお米を食べましょう!

コースは¥10,000からで、〆はごはん。米は使う分だけ玄米から精米し、味噌汁の味噌の合わせや具も毎日微妙に変えている

銀シャリの既成概念が覆る美味さ『蔓』

和食といえば絶対に外せないのが、高垣さんの大好きな白米。

「お米をメインに食べたいときは、赤坂の『蔓』へ。1万円で10品くらいのコースはコストパフォーマンスも高く、何より〆に出てくるごはんが絶品!一品一品丁寧に作られた京料理を、あまり気負わずにいただけるところも好き」

浅めのお茶碗に一文字によそられたごはんは、より美味しく感じることができるのだとか。予約の取れない人気京割烹『詠月』の姉妹店ということもあり、店内で感じる気品と風格は格別だ。

旬の平貝と京都の樋口農園から届く聖護院かぶを磯辺あんかけに

移転後はランチも開始。¥1,500からで、予約は¥6,000からのコースに限り可

葛をあんかけにしたスープは数種の出汁をMIX。山盛りの生姜を崩しながらいただく

疲れたときに効く!
生姜入り雑炊が目当ての『魚のほね』

正統派もいいけれど、ふと新鮮味が欲しくなったときのおすすめは、恵比寿の『魚のほね』に行くのだとか。

「ワインと和食とのペアリングに秀でたお店なのですが、お酒があまり飲めない私的には、ほかにはないような斬新なお料理だけでも大満足!とくに『生姜のスープかけごはん』は、食欲が落ちる夏にもいいけど、今の時期は体がポカポカあったまりそうで食べたくなりますね!」

和の雰囲気があふれる店内は、外国からのゲストをもてなす時にもぴったりだ。

ロマネ・コンティのオーナーも唸る「蒼のマグロ」は、ドメーヌ・プリューレ・ロックの赤ワインと好相性

内装も料理と同じくオリジナルで和洋折衷。料理はおまかせで概ね¥15,000

【高垣麗子の美チャージディナー】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ