鍋を食うなら断然"肉鍋"!この肉鍋が旨すぎる鶏・鴨・ジビエ鍋5選

◆『ジビエ』

ジビエその①【猪肉】いのしし鍋 しゃぶしゃぶ

※時期などによって、メニューの変動あり。

旨さに驚くこと必至この冬、必食の鍋!
『割烹 黒ねこ』

吉祥寺

野菜やキノコを程よく煮たスープに、少し厚めにカットされた猪のロース肉をくぐらせる。肉の色が変わり、脂が透明になったら、いただき時。肉にクセはなく、脂は上品に甘く、噛むほどに味わいが滲み「こんなに美味しいんですか?」と驚きの声も少なくないと言う。しかし驚くのはまだ早い。

猪にはビタミンB群が豊富で代謝がよくなり、また血液をサラサラにするのに役立つ不飽和脂肪酸も多い。つまり、食べるほどに健康になれる鍋でもあるのだ。

能書きはほどほどに、日本酒や焼酎を手に心から楽しもう。

店で供するのは島根で獲れた野性の猪のロースだけ。脂が多く見えるが、これこそが自然の中でよく動いていた証

~旨い!の決め手~

出汁に薄口醤油、みりん、酒で作った鍋のスープ。
猪の旨みが溶け出し、飲み干してしまう客も。
だが雑炊やうどんが作れなくなるので要注意。

ジビエその②【羊肉】白湯紅油鍋

香辛料の効果で元気いっぱい!
『火鍋 蒙古苑 新宿』

歌舞伎町

中国で火鍋といえば羊肉が定番。なかでも紅白2種のスープで作る火鍋は人気食の一つだ。

現地の味を再現しつつ、日本のテイストを加えたのがこちらの火鍋。〝白湯〞と〝紅油〞のスープにはそれぞれ十数種類の薬膳と香辛料を使用。

コク旨白湯、辛香味紅油のスープと、芳醇な羊肉は相性抜群で、体の芯から元気になるようなパワフルな美味しさ。しかも医食同源に基づいた鍋ゆえ、健康保持のためにも定期的に味わいたい。

白湯、紅油はともに鶏ガラがベース。ラム肉は臭みがなく、軽やかな旨みが特徴のニュージーランド産

~旨い!の決め手~

白湯には当帰・草果・桂園など、赤油は3種の唐辛子・山椒など、それぞれ十数種の香辛料=薬効食材を使用。

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo