グルメ大好き、覆面OL美咲が行く Vol.4

覆面OLの辛口採点表。今日からカレーの虜! 90点以上のインド料理2選

大人の事情があり、本名は出せませんが某PRに勤務するピッチピチの23歳独身、美咲(仮名)。食関係の仕事をする母に育てられ、幼少期より名だたる名店を訪問。趣味は料理人の見えるカウンターに陣取り、その手つきを眺めること。料理を食べれば、その味の仕組みを解析すべく、無言で一点を見つめる。そして、衝動的にメモを取り出す。

得てして、周囲からは「食べてるときの目がコワイ」「挙動が気持ち悪い」「食事に真剣すぎる」と恐れられるほどの“食変態”に成長。そんな、彼女による女性のためのレストラン訪問記。 しかも、(個人的な)採点付き! レストランへの狂おしいほどの愛を込めて、食の迷宮へいざ行かん。

※点数は主観によるものです
※写真はイメージです

女子だってカレーを食べたい時がある。カレー屋さんの前を通った時のスパイシーな香りは、男女を問わず一瞬にしてカレーしか受け付けない気持ちにさせる。そう、カレーは魔力を持った料理。

涼しい顔してサラダランチを食べているそこのOLさんだってほら、実は汗がにじみ出るほどにアツアツのカレーをハフハフ言わせながらガッツキたいという欲望が、心の底で渦巻いているに決まってるわ。

最近なおさら寒くなって、人肌も恋しくて、カレーが食べたくなる季節だなって思うの。そんなとき、よくカレー女子会をやっちゃうのよね。タイや欧風も人気だけど、やっぱり女子はインドカレーが好き。カレーって言うと、がさつに聞こえがちだけど、「インド料理」って言い換えるだけで、ちょっとお洒落じゃない?

そんなカレー欲が高くなったときに行く街が銀座界隈。カレーの街といわれているだけあり、女子好みのカレー店が揃っている。この界隈では、北インドも南インドも、両方のお店があるけれど、それぞれの気分で使い分けているの。

クリーミーでこってりしたものが食べたい時は、北インドカレー。グラタンもドリアも良いけれど、ただ濃厚でクリーミーなだけだと、つまらない。ちょっとスパイスも効いていて、複雑な味わいがなくちゃイヤなの。女子ってそういうもの。

溢れ出るチーズは、私への食への愛のよう!

なかでも、私のお気に入りは『グルガオン』。ここはいつ行っても女子率が高くて、間違いなく女子をメロメロにさせる魅惑が詰まったお店。地下にあるからわかりづらいんだけど、お店の近くからすでにスパイスの香りが漂ってくるからすごく歓迎されてる気分になる(笑)。

いつも混んでいて、カレーを頬張る女子たちの幸せそうな顔で溢れてる。温かみのある明るい店内も好感度高し。

まずここに来たら注文必須なのが「チーズクルチャ」よ。「チーズクルチャ」を食べられる数少ないお店の中でも、ここのはチーズのたっぷり感がずば抜けているわ。半分に切られたクルチャを手に持つと、チーズが中から溢れ出てくるの。それをこぼさないように(かなり難しいんだけど笑)、ぱくっと一口。

もちもちしたナンに、とろっとろのチーズが、もうたまらない。バターが塗ってあり、ちょっと甘めのナンとチーズのしょっぱさが、禁断の味。これに抗える人なんているのかしら。

こちらは「ケララの海老カレー」

カレーは、マイルド系がおすすめ。とくに「ケララの海老カレー」は、大ぶりの海老が入っていて、ココナッツが効いたクリーミーな仕上がり。ドロリとしたルーをさくさく、もちもちのナンにつけていただけば、マイルドで、優しいシチューのような口当たり。ココナッツの深い甘さに、スパイスが効いていて、、、ああもう食べる手が止まらない。

ついついヤミツキになる味だから、友達とはお互いに無言になっちゃって「うーん、んまい、あー最高、幸せ」しか言ってなかった気がする(笑)。

「ラムコリアンダーマサラ」

もうひとつ頼んだのは、ほうれん草ベースの、マトンが入った緑色のカレー「ラムコリアンダーマサラ」。一口食べると、コリアンダーの爽やかな後味が広がります。目が覚めるほどにパクチー!辛さも前の海老カレーに比べると、けっこうスパイシー。ゴロゴロと入ったラム肉の存在感も感じられて、まさにエスニックな味!パクチー好きなら絶対おすすめの一皿ね。

【グルメ大好き、覆面OL美咲が行く】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ