都会の喧噪を離れて。 Vol.2

あわせて創業2000年?!100年以上の歴史をもつ10軒の「超老舗旅館」がすごい

100年前の日本、と聞いて何を想像しますか? 今回ご紹介するのは、長くて深い歴史を持った『創業100年以上の超老舗旅館10軒』。数ある老舗旅館の中から厳選した、日本の伝統を受け継ぐ一流の旅館を、創業年数が古い順にご紹介します。

およそ600年の歴史を持つ旅館や、建物が登録有形文化財に指定されている旅館、日本最古の湯を誇る旅館・・・。日本の真髄に触れることができる旅館で、歴史の流れを感じ、和を感じて心落ち着く旅の時間を過ごしましょう。

【創業587年】時音の宿 湯主一條(宮城県)

出典:relux|時音の宿 湯主一條

創業およそ600年の、誰もが認める老舗旅館。時音の宿 湯主一條には、森の精霊と対話を楽しむことができるかのような風情が漂います。この伝統の旅館が守り続けているのは、500年以上続く旅館に与えられる称号、『旅籠』(はたご)です。

”日々の忙しい日常を忘れ、大切な時をお過ごしいただく人の宿” それが旅籠のあるべき姿だという想いをおもてなしで表し、古いもの、歴史あるものを守り続けています。

出典:relux|時音の宿 湯主一條

湯治宿から進化した建物には、クラシカルとモダンの両面を持ち合わせ、最新の設備が整いながら600年の趣を残すお部屋が揃います。木造建築の本館は、森林の恵みを活かし、釘を一本も使用することなく宮大工の手によって造られました。

多くの人が訪れた先人の足音が聞こえてくるような、時の音を感じる。静かな森の中の老舗旅館で、遥かな時へとタイムトリップするひと時を過ごしませんか?

所在地  :宮城県白石市福岡字蔵本字鎌先1-48
詳細情報 :relux|時音の宿 湯主一條
参考価格 :26,139円〜/1名様あたり(税込価格・1泊2食付き 2名ご利用時)

【創業340年】松田屋ホテル(山口県)

出典:relux|松田屋ホテル

創業は1675年。340余年の歴史を持つ松田屋ホテルは、維新の志士たちが新たな時代を夢見て集い、語り合った場所。季節ごとに様々な趣を楽しめる廻遊式日本庭園の傍、館内には、司馬遼太郎の小説に登場する赤松や、西郷・木戸・大久保の会見所などの登録有形文化財が並びます。

幕末の志士たちが旅の疲れを癒した浴場「維新の湯」には、現在も建設した1860年当時の御影石を用いており、かの高杉晋作らも入浴したと言われています。歴史が大きく動いた古き時代に思いを馳せ、湯に浸かってみてはいかがでしょうか。

出典:relux|松田屋ホテル

客室の設えは、控えめながらも優美。随所に日本らしい細やかな気配りが施され、贅沢な寛ぎを叶えます。それぞれの時代の文人墨客も逗留した空間で本のページをめくり、文豪気分を味わうのもいいですね。

和の空気に包まれ、静寂に身を委ねて過ごすひととき。340余年の歴史を肌身に感じる老舗旅館では、歴史の息吹と共に、特別な一日をご体験いただけます。

所在地  :山口県山口市湯田温泉3丁目6-7
詳細情報 :relux|松田屋ホテル
参考価格 :35,000円〜/1名様あたり(税込価格・1泊2食付き 2名ご利用時)

【都会の喧噪を離れて。】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ