2015年10月、肉の話題の新店を5日間連続連載でお届け! Vol.4

もう行った? 六本木に最強の隠れ家肉割烹がオープン!

これでもか!と振りかけられるトリュフ。その芳香にめまいがするほど

極めつけは〆のトリュフごはん。トリュフで香りづけした米を鰹と昆布の出汁と肉の出汁で炊き上げ、米の1粒1粒にまで旨みと香りを纏わせる。そして、仕上げにイタリア産トリュフを贅沢に削る。蓋を取るなり鼻腔を支配する、その高貴な香りにノックアウト。

最初はそのまま食べ進め、ごはんが残り半分になったら黄身醤油を乗せてトリュフごはんをTKGにしていただくのが銀星スタイルだ。一度で二度おいしい極上のシメ飯に、「これは反則」と一気にご飯をかき込む。このウマすぎるTKGは、早くも常連客に人気の名物となっているという。

これだけの厚さでも、すぐに噛み切れるやわらかさ。お土産に購入する人も多い

そして、忘れてはならないのがこちらのカツサンド。お土産用として用意されているカツサンドは、なんといっても3cm以上の厚切りが魅力だ。最高級のヒレ肉を贅沢に挟んだカツサンド(コース別料金¥5,000〜)は数量限定なので、売り切れる前に注文しておくのがおすすめ。もちろん、お店でも食べることができるのでお腹に余力があれば揚げたてをかぶりつきたい。

「早く売れて、プライベートで来られるように頑張ります!」とアントニーさん。いい肉は人の気持ちさえも、アゲるのだ。

店内はカウンターのみだが、今後一階上に個室も用意するそう

※本記事に掲載されている価格は、原則として消費税抜きの表示であり、記事配信時点でのものです。

【2015年10月、肉の話題の新店を5日間連続連載でお届け!】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo