「ふたりのニコライ」―作家・柴崎竜人の恋愛ストーリー Vol.8

双子の美女はシンクロするように微笑んだ 「ふたりのニコライ」最終話

【前回までのあらすじ】
高校時代、読書研究会というドマイナーな部活で世界を呪いながら学生生活を送っていた僕。社会人となり、というか恋愛示現流の免許皆伝となって、ふらりと入った立ち飲み屋で再会したのは、高校のアイドル・大崎夏帆だった。

「僕はもう高校時代の僕じゃない、いっぱしの恋愛......


【「ふたりのニコライ」―作家・柴崎竜人の恋愛ストーリー】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo