「ふたりのニコライ」―作家・柴崎竜人の恋愛ストーリー Vol.6

酒が強いから酔い方も美しいなんてウソ! 「ふたりのニコライ」第六話

【前回までのあらすじ】
高校時代、読書研究会というドマイナーな部活で世界を呪いながら学生生活を送っていた僕。社会人となり、というか恋愛示現流の免許皆伝となって、ふらりと入った立ち飲み屋で再会したのは、高校のアイドル・大崎夏帆だった。

「僕はもう高校時代の僕じゃない、いっぱしの恋愛武士なのだ。よし大崎夏帆を口説き落としたる」と腹を決めたものの、双子の美女のどちらが大崎夏帆かわからない。

そんななか、泥酔した彼女たちから「もしかして、童貞なんだ」と詰め寄られた僕。苦戦しつつもなんとかその危機を逆転させることに成功し、さぁここからというときに、こんどは「じゃあ、もうこんな時間だし」と双子は言いだし……

前回:酔ったオンナを相手に童貞喪失となるか 「ふたりのニコライ」第五話


「そろそろ私たちも帰ろっか」

「え、いや、あのちょっと待って、だってまだ……」

と確認した携帯電話は午前三時を示していた。遅い、たしかに遅すぎる。
気づけばニースは口角をわずか上下させることであくびを噛み殺しているし、モナコにいたっては一切の遠慮もなく、ピッコロ大魔王が巨大な卵を産み落とすようなえげつない口の開き方で、ゆるい息を吐き出している。一方で、僕は女の子のあくびを炊飯ジャーのなかに閉じ込めるような魔封波をまだ習得していなかった。双子に反論する術はない。

「そうだね、帰ろっか」

とニースがモナコに水の入ったグラスを口元まで持っていった。無脊椎動物のような緩慢な動きで、酔っ払ったモナコがごくごくと水を飲み込む。
その様子を見ながらふつふつと、やがて盛大に、モナコへの怒りがこみ上げた。

【「ふたりのニコライ」―作家・柴崎竜人の恋愛ストーリー】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ