あなたの好みはどのタイプ?みんな大好きポテサラ9選

タイプ B. 具だくさん系

半熟燻製卵を崩しつついただくのが、お約束
『高太郎』

桜丘

路地裏の立地でありながら、連日連夜の大盛況をおさめる『高太郎』。店主の地元、香川県の素材を中心にした居酒屋である。

ここで提供されるポテサラは、うず高いポテトサラダの頂上に半熟卵の燻製がのったもの。ポテトサラダと卵の相性はどうしてこうも抜群なのだろうか。しょう油ベースのドレッシングがピリっと効いた、味わい深い逸品だ。

店のこだわりは、素朴で滋味深い料理と、それを実現させる素材。生産者や酒蔵には、スタッフと共に定期的に会い行き、意見を交わす。そして生産者の意思を汲み取りながら腕を振るうのだ。ポテサラにもその情熱が詰まっている。

蕎麦店ならではのタレがアクセント
『蕎麦と酒 旭』

西麻布

蕎麦は十割、二八、蕎麦殻が入った田舎太打ちを基本に30種、肴は60種前後用意する『蕎麦と酒 旭』。店名通り蕎麦好き、酒好きともに満足させる充実の内容で、2012年のオープンよりまもなく評判になった。

この店のポテサラはなんと白くない!蕎麦のかえしを煮詰めたオリジナルの甘ダレが美味。鴨肉が添えられた贅沢なひと品だ。わさびの茎が風味を引き立てている。

店の看板である蕎麦は、職人が昼と夜の2回に分けて打ち、使用する蕎麦の実も季節や状態によってその都度変える。豊かな風味と喉ごしのよさは、そのこだわりあってこそ。
深夜でも美酒に合わせて旨いポテサラをつまみ、最後は蕎麦を手繰る悦びにひたれる良店だ。

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo