ビールを楽しめる、いま最旬なビールの新店はこの6軒! Vol.4

東カレ編集部員が取材後でもリアルに通う外苑前テラスの新店

通常、一度取材するとなかなか再訪できないのが現状。もういちどまたお伺いしたいなと思っても、リサーチのため、行ったことのない新しいお店を開拓しなくてはいけないからである。

しかし…、そんななかでも、東京カレンダー編集部員がリアルに通ってしまうお店がコチラ!

8種の生タップと30種以上のクラフトビールのボトルを常備するのでグループで訪れて飲み比べするのが楽しい!

明治通りの喧噪をよそにビールでエスケープ!

この店を知らずに明治通りを歩く人が気の毒になるくらい、使い勝手のよいビアレストランが通り沿いに2015年春にオープン。30席あるテラスを含む計130席と広い店内は、大箱にしてくまなくスタイリッシュで編集者好み。

それでいて約40種のクラフトビールを常備するなど、ビールマニアも唸る豊富なラインナップがうりだ。なかでも飲むべきは、“SMITH IPA”。これはシアトルの家族経営のブルワリーから取り寄せている生タップ。トロピカルで華やかな味わいにして、飲み終わったあとは滋味深い余韻が舌に残る逸品である。

この一杯を飲むために店を訪れるリピーターも早くもいるとか。コーヒーごしに、ではなくビールごしに長時間お喋りをしていたくなる、居心地の良いビア処である。

しかも明治通沿いというアクセス抜群、かつ、カフェタイムを挟み11時から23時まで通し営業なので、ランチが17時になったりする編集者にとっても非常に有難いお店。

ニューオープンで大箱なので、(まだ)満席だと断られることがないのも嬉しい。取材後でも、昼夜問わずリアルに通ってしまっているのは、こんなところにも理由があるのである。

上から右回りにピクルスのフリット(¥490)、大葉と釜揚げシラスのPie ピッツァ(¥1,620)、ブルックリンミートボール(¥680)

店内はブルックリンのカフェをイメージしたデザイン


東カレアプリダウンロードはこちら >

【ビールを楽しめる、いま最旬なビールの新店はこの6軒!】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ