珠玉の肉コレクション2015 Vol.3

「恋するふたりだけ予約OK」な熟成肉ディナー誕生!

肉料理に定評のあるシェフたちに、最新にして最強の創作肉料理を作っていただくという東京カレンダーの定番企画「肉コレ(NIKU COLLECTION)」。今回は、独創的な肉料理のひらめきに関して右に出る者なしの『CARNEYA SANOMANS』高山いさ己シェフが登場。今年も肉界にビッグウェーブが巻き起こる2015年夏の最新作をとくとご覧あれ!

「『恋するJYUKU☆SEI』(監督:Wong-COW-wai)」2人前¥9,600。熟成肉がこれでもかと贅沢に使用された、ふたり専用の愉悦ディナープレート♡

光る銀のトレイに、シンメトリーに並んだ料理はすべて、高山いさ己シェフの“十八番”である「熟成肉」を使ったもの。まず中央のグラスには、塩漬け熟成肉のデミグラスソース和えとアボカド、トマト、玉ねぎムースが美しく重なる。

続いて、クレープ包みの中身はラグーとベシャメルソースと卵黄。その隣には、熟成により官能的な食感へと変貌を遂げたタンのステーキに、熟成肉入りのガーリックライスwithシラス。

そして「スピエディーニ」と呼ばれるイタリア式の串焼きは、熟成したランプ肉と熟成牛の背脂を塩漬けにした自家製ラルド、キャベツをくるりとロール。

どれから食べようか迷うこと必至な大人の“お子様ランチ”状態のプレート、予約できるのは恋するふたりのみ(3日前までに要予約)。高山氏からは「最初にタンから食する“ディープキス”も素敵かと」とアドバイス(!?)が。エスコート、したい! されたい!

2014年の話題作、その名も「プリン(体)ア・ラ・モード」だ。〝痛い風〞もなんのその、な、甘い?誘惑である

そんな高山シェフの2014年の肉コレ作品もついでにLOOK BACK!

こちらは、お食事の締めくくりのドルチェミスト? いえいえ、それでは〝肉コレ〞失格! こちらもれっきとした肉料理なのだ。

撮影前に料理名を告げられていたのだけれど、当日カメラの前に運ばれてきたそれは、想像を遥かに上回ってア・ラ・モード〞感たっぷり。

含まれるプリン体も、どう考えてもたっぷり。キャトルエピスとジンジャー入りのホイップクリームでかわいくデコレーションされているのはフォアグラのプリン。そして、まるでチョコレートケーキのような右上の一品は、萬幻豚のアンドゥイエット!

赤ワインのソース・ショーフロワで艶やかにおめかし。白味噌で味付けしたハチノスや干ししいたけのチュイル添えの白レバームース、高脂肪のクリームで固めたサブレと、全品プリン体祭りなのであった!


プリン・ア・ラ・モード風に、恋するふたり専用ディナーと、高山シェフの独創性は毎度とどまることを知らないようだ。早くも次回作が待たれる!


東カレアプリダウンロードはこちら >

【珠玉の肉コレクション2015】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ