高垣麗子の美チャージディナー Vol.9

人気モデルが撮影合間に食べる、蕎麦とわらびもちって?

石臼自家製粉で打ち上げる、二八蕎麦を看板に掲げる創業29年の老舗

高垣 麗子
curated by
高垣 麗子

外食の際のメイン&デザートのコンビネーションがお気に入りという高垣さんは、白金台の『利庵』もオススメだとか。

「撮影の合間のランチでよく行く老舗のお蕎麦屋さんなのですが、お店のお姉さんたちが気さくで活気があるので、午後の撮影もがんばろうって元気がもらえるんです。いつも食べるのは、田舎蕎麦とぷるっぷるのわらびもち!お蕎麦自体に甘みがあるので、一口目はつゆにつけずにそのままいただきます」

創業29年『利庵』の売りは石臼自家製粉で打ち上げる二八蕎麦(¥950)。めんつゆは辛汁なので、少しだけつけていただくのが鉄則。

殻ごとひいた挽きぐるみなので、蕎麦の味が濃い。歯ごたえしっかり、もちもちした食感がくせになる。

毎朝わらび粉を練って作っているわらびもち(¥600)はぷるぷる&なめらかで大振り。そして、口に入れるとあっという間に溶けてしまうほど柔らかい。どこか懐かしい甘さのある黒蜜も自家製!

お持ち帰り用は8個で¥1,000。差し入れにも喜ばれそうだ。

閑静なプラチナ通りに面している当店。店内のテーブルや棚は、「利庵」の名が入ったオリジナル家具。静かで心落ち着く佇まいに、長居してしまいそう。通し営業なのもうれしい。

■プロフィール
たかがきれいこ 10代のころから数々の女性ファッション誌で活躍し、現在は「Ane Can」専属モデル。レストランのみならず料理にも造詣が深く、家にはこだわりの調味料や器を多数そろえる


東カレアプリダウンロードはこちら >

【高垣麗子の美チャージディナー】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ