非常によくおモテになる殿方のホワイトデー Vol.2

大学同期からの昔日の告白:非常によくおモテになる殿方のホワイトデー

とある2月の日曜の夜。久々に大学時代のサッカーサークルの連中5人くらいで飲む機会があった。早稲田に通っていた僕らは、学生時代はここ高田馬場で安い酒ばかり飲んでいた。

「社会人になって雄太はかなり色気づいたよね。洒落た店ばかりFacebookにupしてる」

マネージャーだった恵里が言う。学生時代は酒が強く「ザ・ワセジョ」なキャラだったが、今では生命保険会社に一般職として就職し、すっかりおしとやかだ。

「お前こそ、キャラ変わったな。人のこと言えねーよ」

日曜日ということで22時にはお開きに。恵比寿に住む僕と目黒に住む恵里は山手線で帰る方向が一緒だった。他愛もない話をして山手線の中の時間をやり過ごす。

「じゃあ、またな」

「あっ、これ。昨日バレンタインだったでしょ?」

「いつからそんな気が利くようになったんだ。さんきゅ」

家に帰って開けてみると、デルレイの洒落たチョコレートだった。しかも、手紙付きで。



後日、恵里にメールした。

ーチョコレート食べたよ。ありがとう。あんな洒落たモノを選ぶセンスがお前にあったんだなー

ーひ......


【非常によくおモテになる殿方のホワイトデー】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo