今日、私たちはあの街で Vol.8

慶應のOB会で3年ぶりに福岡から上京した26歳男。彼女との思い出の地、赤坂サカスを訪れ…

麻布には麻布台ヒルズ。銀座には、GINZA SIX。赤坂には、赤坂サカス…。

東京を彩る様々な街は、それぞれその街を象徴する場所がある。

洗練されたビルや流行の店、心癒される憩いの場から生み出される、街の魅力。

これは、そんな街に集う大人の男女のストーリー。

▶前回:帰国子女で外資系化粧品メーカーに勤める36歳女。日系企業に転職し直面した現実とは


Vol.8 『いつまでも変わらないもの/赤坂サカス』誠一(26歳)


「おお、東京タワー。ほんの3年前まで、この景色が日常だったんだな…」

慶應大学を卒業してから、地元の福岡で家業の酒蔵を継ぐためにUターンをした誠一にとって、卒業以来久しぶりの東京だ。

在学中の4年間は存在を意識してもいなかった東京タワーだが、数年ぶりに目にしたその姿は、春の青空を背景に眩しく堂々として見える。

今回の上京の目的は一つ。春休みの恒例イベントであるOBライブへ出演することだ。

大学時代に音楽サークルでドラムに打ち込んでいた誠一は、毎年このOBライブに誘われていた。

しかし家業を継ぐのに忙しく、今年になって初めて福岡を離れる時間を作ることができたのだった。

― 3年経って、仲の良かった後輩たちもOBOGになっているはずだ。会えるのが楽しみだな。

誠一の頭をよぎるのは、特別可愛がっていた2学年下の後輩・咲の顔だ。

大学に到着し、久しぶりの友人たちとの再会に胸を高鳴らせて会場に入ると、同級生の克哉が会場の隅でギターのチューニングをしている。

「克哉、久しぶり」

「誠一!元気にしてたか。去年福岡で会って以来だな。少しは落ち着いた?」

「そうだな、酒蔵って地域密着だから、身の回りも落ち着いてようやく地域の信頼を得てきている気がするよ。もうしばらく修行したら、代替わりになると思う」

「ゆくゆくは福岡の顔だな!楽しみにしてるよ」

克哉との挨拶を終えて、誠一はさりげなく会場内を見回した。

後輩たちが集まって談笑している様子も見られたが、そこに咲の姿はなさそうだ。

「なぁ克哉。今日、咲は来るのかな」

誠一は思い切って尋ねる。一瞬迷う気持ちはあったが、克哉に聞くのが一番自然だろう。

なにせ誠一と克哉、咲の3人は大学時代いつも一緒で…克哉と咲は付き合っていたのだ。

この記事へのコメント

Pencilコメントする
No Name
普通に生クリームタイプのチョコレートケーキでしょう。買って羽田まで移動してチェックイン&飛行機待って....それだけでも随分長く持ち歩く事になるけど。福岡の家まで持って帰るなんてかなりのチャレンジャー。笑
2024/04/02 05:3231返信3件
No Name
すごい不明瞭と言うか説明足らずだけれど、要するにグラナータというイタリアンレストランに併設されてるカフェに、TOPSのケーキがあると言う事ですね! こんな時こそきちんと店舗のURL貼って欲しいのに。
2024/04/02 05:4625返信2件
No Name
安定の読み難さ。どうしてこんなに読み疲れるんだろうか。
内容以上に ん? と思う箇所が多過ぎて。
例えば、
“卒業ライブの終演後の片付けの最中” とかはもう少しプロっぽい表現に出来なかったのかな。
2024/04/02 05:3724
もっと見る ( 14 件 )

【今日、私たちはあの街で】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo