現代の“教育・お受験”リアルドキュメント Vol.27

小6の11月、慶應中等部の合格率が45%だった女の子。そこから逆転合格を果たした方法とは

同じ学校なのに、男子と女子とでは入試の難易度が全く違う。

中学受験において、それが最も顕著なことで知られるのが慶應義塾中等部だろう。

もともと女子の定員数が少ない。さらに試験日程の都合もあり、競争率は男子以上に熾烈を極めるのだ。

今回紹介するのは、そうした難関を突破した1人の女の子の物語。

彼女が合格した理由を探っていくと、1つの興味深い可能性が見えてくる。


▶前回:「軽井沢風越学園」に教育移住を決意。そして中学受験からドロップアウトした親子の顛末


あわせて読みたい!プレミアム会員限定オリジナル記事を、今......


この記事へのコメント

Pencilコメントする
No Name
合格率45%でも、受かるものなのね…!
2022/10/15 05:545返信3件
No Name
娘さんのがんばりもスゴイけど、やっぱ慶應に合う子だったんでしょうね
2022/10/15 11:155返信3件
No Name
すごい、小6とは思えない意志の強さ…。
2022/10/15 09:124返信2件
もっと見る ( 14 件 )

【現代の“教育・お受験”リアルドキュメント】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo