恵比寿Sisters Vol.4

学生時代に好きだった彼と久々のデート。だが、待ち合わせ場所で女が幻滅したこととは

「女の敵は女」

よく言われる言葉ではあるが、これは正しくもあり間違ってもいる。

女同士の友情は感情が共鳴したときに仲が深くなり、逆に感情が衝突すると亀裂が生じ、愛情が憎しみへと変化する。

この亀裂をうまく修復できなったとき、友人は敵となる。

だが、うまく修復できればふたりの仲はより深いものになる。

ここに、性格が正反対のふたり女がいる。

ひょんなことから東京のど真ん中・恵比寿で、同居を始めたことで、ふたりの運命が回りだす…。

◆これまでのあらすじ

テレビ局プロデューサーの諒子は、性格が正反対の大学の同級生・マリと同居中。そんな中、職場に大学時代に親密な関係だった男・屋敷錠が現れ、諒子と仕事を共にすることになり…。

▶前回:「悔しければイイ男を捕まえさいよ」夫の金で浪費三昧の妻の言葉に、頭にきた女は…


Vol.4 あの頃のまま


19時。恵比寿駅西口の長いエスカレーターの下。

長引く会議を無理やり終わらせ、諒子は錠と待ち合わせの場所へ急いで向かっていた。

再会した錠から誘われたデート。

時間ぴったりに着くと、スマホを見ながら彼は待っていた。

「よかった、待っていてくれた…」

「ははっ。まさか昔、諒子が5分遅れただけで怒って帰ったのをまだ気にしているの?」

諒子が恐る恐るうなずくと、錠はクシャっとした笑顔を見せた。

「大丈夫、俺も大人になったんだよ」

その頼もしい言葉に彼の成長を感じ、諒子はホッとする。

「 …で、どこ行くの?」

諒子は、期待に胸を膨らませながらその答えを待つ。しかし返って来たのは意外なセリフだった。

「どこでもいいよ。諒子の好きなところで」

「…え?」

13年前を思い出す。

― そうだ、彼は優柔不断で、決められない男だった。

「わ、わかった。なら『マーサーカフェ ダンロ』にでも行こうか。ゆっくりしたいよね」

「いいね!任せるよ」

探りさぐりの再会デート。諒子の心には、一抹の不安がよぎっていた。

この記事へのコメント

Pencilコメントする
No Name
20代なら分かるけど30代半ばなんだよね〜?

これ錠とマリと諒子、全員に言いたい!笑
誰にも共感出来ない。
2022/10/26 05:4364
No Name
錠・・・嫌な予感しかしないけど大丈夫か・・・!!
2022/10/26 05:2026
No Name
マリやかましい。錠も成長してないようだし、諒子どっちとも関わるだけ無駄だと思う。錠は諒子に押し付けてないで村井がなんとかしてよ。
2022/10/26 05:2023
もっと見る ( 14 件 )

【恵比寿Sisters】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo