私にふさわしいオトコ Vol.4

結婚してまだ1ヶ月なのに…。退屈を持て余した新妻が、男友達と飲みに行って感じたこと

『20代のうちに結婚したほうがいい』

一昔前の価値観と言われようとも、そう考える女性も少なくはない。

そんな焦りにとりつかれ、30歳目前でスピード婚をした広告デザイナー・穂波。

しかし穂波は、すぐに後悔することになる。

「なんで私、焦ってプロポーズをうけてしまったんだろう」

私にふさわしい男は、この人じゃなかった――。

◆これまでのあらすじ

穂波は、一樹が持っているマンションで、新婚生活を開始した。綺麗な部屋にうっとりしたのは束の間、想像とはまったく違う毎日に不満がたまっていく。

▶前回:「これってさ…」新婚生活4日目の夜。夫が食卓に並んだ料理を見て放った、衝撃的な一言


穂波は、カレンダーを見ながらひとり驚く。

― えっ。一緒に住み始めてから、まだ1ヶ月しか経ってないの?

憧れの新婚生活は、想像とはまるで違った。

広くて綺麗な部屋に、新品の家具や食器…物質的には、とても満たされている。しかし、とにかく毎日が退屈なのだ。



鬱屈した気持ちのまま、最終出社の日を迎えた。

「穂波さん、お疲れさまでした!退職おめでとうございます」

上司や部署のみんなからの拍手のなか花束を受け取るが、退職の実感はまだ湧かない。

挨拶をしてみんなで記念撮影をすると、花苗が声をかけてきた。

「穂波、寂しくなるね…。でも寿退社なんてうらやましい。これからもちょくちょく会おうね」

「うん、もちろんよ」

「そうだ、さっそくなんだけど」

花苗は、小さなチケットを差し出した。

「今週の土曜、渋谷の書店で広告デザインのイベントがあるの。よかったら一緒に行かない?」

「いいね。行きたい」

イベントの詳しい内容も聞かずに、穂波は即答した。

とにかくどこかに出かけたかったのだ。休日に一樹と自宅にいると、息がつまるから。



土曜日。

穂波は、花苗と並んでイベントの客席に座っていた。

配布されたパンフレットを見て、イベントの内容を初めて知る。

「え…」

「ん?穂波、どうしたの?」

この記事へのコメント

Pencilコメントする
No Name
自分の人生一樹に取られっ放しだって言うけど、最初から支えてくれる女性がいいって一樹言ってたよ。それで黙って支える尽くす女を演じてまで結婚に漕ぎつけたのに、一ヶ月もしない内から退屈とか文句ばっかりだね。この人。
2022/09/23 05:1781返信1件
No Name
穂波、ウソばっかりついてる。
2022/09/23 05:1373
No Name
ここ最近の小説だと、一番無理だなと思っていたのがネオシナジー美加だけど、穂波もヤバい。結婚がゴールだと思ってたくせに、今更何言ってるんだろう?自分勝手だし変なオンナだな。
2022/09/23 05:3658返信2件
No Name
え。22時過ぎまで飲んでたら、お会計してタクシー捕まえて家に着いたら結構な時間だけど。一樹はまさか夕食食べずに待ってるとか?笑 
右手にナイフ左手にフォーク持って、夕飯まだかよ?とか怒り狂ったら面白かったのに。
2022/09/23 05:2039返信5件
No Name
当時は恋愛感情は全く無かったんでしょう?こんなステキな大人になるなんてとか、今更後悔したって遅いよ。
2022/09/23 06:0530
もっと見る ( 30 件 )

【私にふさわしいオトコ】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo