この恋が成就しない理由 Vol.8

「この手、まさか…?」残業を理由にデートを断った夜。女がSNSで見つけた、衝撃の写真

「彼って…私のこと、どう思っているんだろう」

連絡は取り合うし、ときにはデートだってする。

自分が、相手にとっての特別な存在だと感じることさえあるのに、“付き合おう”のひと言が出てこないのはどうして?

これは、片想い中の女性にとっては、少し残酷な物語。

イマイチ煮え切らない男性の実態を、暴いていこう。

▶前回:焼肉デートで幻滅。「久々の彼女候補だったのに…」34歳・税理士が落胆した、女の言動


「当日に誘ってくる男はダメ」なんて、忙しいこの世界ではナンセンスでしょ?(萌恵/もえ・26歳の場合)


雑誌編集部のフロアには、21時前になっても、ちらほらと人が残っている。

私も、今日はまだまだ帰れそうにない。

「顔のアップはどの写真にしよう…う~ん、これかな」

画面に並んでいるのは、先ほど上がってきた、七菜香の撮影データ。

七菜香は、雑誌だけでなくCMやドラマにも引っ張りだこの超人気モデルだ。

そんな彼女が、私が担当している女性誌の専属モデルに決まったのは、わずか2週間前。

創刊30周年を盛り上げるための、異例の大抜擢だ。

それを受けて、急遽、七菜香の特集ページが組まれることになり、撮影や記事構成の打ち合わせで、今日は1日バタバタしていた。

― ふう。一旦休憩!

だが、校了に向けて、ラフレイアウトの作成や原稿チェックも控えている。担当している企画はほかにもあるわけだから、しばらくは忙殺されることを覚悟しなくてはならない。

けれど、これも編集者の醍醐味。むしろ、こういうイレギュラーを楽しいと思う自分もいる。

眠気覚ましに会社の近くにあるコーヒースタンドへ行こうと、おもむろにスマホを手に取った、そのときだった。

― あっ…!

“今日の夜、会える?”

ポップアップに表示されているのは、朝陽からのLINE。

1時間前に送られてきている。ずいぶん急な誘いだが、今に始まったことではない。

― 朝陽の連絡はいつだって、いきなりね。

最近は、前にも増して、唐突に誘われることが増えたような気がする。

でも、仕事が忙しい者同士にとって、当日の誘いは決して珍しい話ではない。

「当日に誘ってくる男はダメ」と世の人は言うが、忙しいこの世界では、そんなのは普通だ。

…そう思っていたのに。

この記事へのコメント

Pencilコメントする
No Name
「不特定多数とこうして会ってるわけ?その“恋愛脳”どうにかしたら?」
正に、その通りでしかない。そしてカメラマンのイメージも悪くなった。
2022/09/21 05:1778返信7件
No Name
真剣に付き合うつもりはない、恋愛したくない、不特定多数と会ってるだけ! そんな男ばっかり出てくるよね〜この連載。笑うしかない。
2022/09/21 05:2659返信3件
No Name
朝陽も、バレないように不特定多数と適当に会っていたいだけなのであれば、インスタのタグ付け写真は表示しないように設定変えたほうがいいのに。笑
2022/09/21 05:3230返信7件
No Name
この男はとんでもないけれど、仕事が楽しそうで羨ましい・・笑
2022/09/21 05:0714返信2件
No Name
身体の関係はなかったってこと?
2022/09/21 05:3014返信4件
もっと見る ( 41 件 )

【この恋が成就しない理由】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo